読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

メイド喫茶のメイドさんは狭き門だったりするのです。

メイド喫茶メイドさんになりたい!と思っている人は、実は沢山います。

ディズニーランドで働きたいと思っている人と似たような感じです。たぶん、、、たぶんですけど。

倍率は1/100くらいでしょうか。

ただし、これも裏口入店がありまして。メイドさんからの紹介で入る場合は、通常ならば面接で落ちてしまう人も、するっと入れることもあります。もちろん、入れない場合もあります。

これは、運ですね。


通常ならば、書類選考→面接。という流れが多いです。
メイド喫茶によっては、常時募集をかけており、その店に合った人がいたら入れるというパターンや、足りなくなったから募集をかけるというパターンもあります。

見た目がどれだけ可愛くても、偉そうにしていたり、態度が悪かったりすれば当然、落ちます。
履歴書もなぐり書きみたいなのは、落とされてしまいます。
ゆるーく入れると勘違いする人も多いのですが、ごく普通の就職の面接と同じです。そういう人は、キャバ嬢と同じだと勘違いしている人が多いです。

逆に、多少年齢を超えていても、オーラがピカピカで丁寧で言葉づかいも美しかったら受かります。

見た目が普通であっても、その他が素晴らしければ、お化粧とメイド服でごまかせるので、合格する確率は上がります。

ただし、私がいたメイド喫茶での話です。
他のメイド喫茶は、見た目と若さをとてもとても重視するお店もあります。これは、それぞれの店の違いますね。

合格する秘訣は、その店に自分がピッタリ合っているか?と客観視して見ることができるか?が、勝因になってきます。

黒髪ばかりのメイドさんがいるメイド喫茶に、金髪のくるくる巻髪でいっても落とされてしまうでしょう。
職場の色に自分が合っているかどうかは、ごく普通の就活でもあることですよね。

メイド喫茶メイドさんは、人気のお仕事ですが、本気でやってみたい人は、ぜひ頑張って挑戦して欲しいです。