読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

アンパンマンに登場するしらたまさんって、完全に宝塚歌劇団の男役だよね?!

アンパンマン

しらたまさんってキャラクターがいるんです。

エンディングの歌に登場することがあるので、以前から気になっていたのですが。

こないだ。はじめて、しらたまさんが登場する回を見ました。

完全に宝塚歌劇団でしたね。


あまりにも宝塚歌劇団の男役なので、キャラクターを登場させてから今まで、クレームはいらなかったのかなぁと心配になりました。


まず、見た目がそう。アイメイクも可愛く美しく色白でスマートでオシャレっぽいキャラクターです。

宝塚歌劇団って、舞台終了で階段から花輪を持って降りてくるのがお決まりですよね。しらたまさんも、歌いながらリボン付きの花輪を持って立ち去って行くんです。

毎回、エチュードっぽく、即興のお芝居をするのですが。村人やアンパンマンばいきんまんを交えて熱演。
実際は、お芝居というより、しらたまさんが華麗に勘違いしてくれて、ばいきんまんを必ずお芝居に呼び込みます。

良い意味で、すっごく場の空気を読まないキャラクターなんです。
とにかく、自分の世界だけ。
お芝居も、常に自分が主人公でテキトウにその辺のキャラクターをつかまえて、勝手に役をつけて。毎度のように、ばいきんまんを悪役にして「正義は勝つ」みたいな雰囲気で終わるんです。

憎めないキャラというのは、こういうのを言うんだなとわかります。

美人な天然キャラなのですが、お芝居に関してはすごく必死に真剣になります。

あとは「しらたま」を村人にごちそうする。


ぶたまんまんのような、アタマのおかしいキャラクターではありません。


こういう、しらたまさんみたいな人って。実際の私達の世界にもいるよね、とか思ってしまいました。

愛されキャラなんですよね。

やっぱり、美人という部分は大きいけれど、仕事や物事に真剣に取り組むのがウケがいい。そして愛嬌があるんです。

羨ましい。しらたまさんになってみたいです。





と書いたところで。

しらたまさんは、宝塚歌劇団の元月組トップスター紫吹淳さんをモデルに作られたと、発見しました!

そんなことがあるんですね。

すっごく驚きました。


ということは、他のキャラクターも実在する人物をモデルにしているのがあるのかもしれませんね。