鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

24時間、眠らない街なんてメリットなし。

24時間、街中が稼働していたらすごく便利だし、もっともっと皆が自由な働き方もできるだろうし、素敵だろうなと思っていた子供時代でした。

実際に24時間、動いているお店やシステムが多くなりそれに対応しての働く人も増えています。

だけど、それって本当にみんな幸せなの?

夜中に働いて昼間眠ることは、人間の身体は長期対応していません。短期だからこそやっていけるし、若い時だからこそ体力で乗り切れます。

夜中に便利が増えれば増えるほど、私達の身体も心も荒んでいく気がします。
心を犠牲にしてまで、24時間対応でいいのか?と強く思います。


これは私が経験した事例ですが。
20代の頃に妹が出産したので、自宅で夜中のミルク担当をしたのです。生まれてすぐの赤ちゃんは24時間ずっと、2時間ごと起きてミルクを飲みオムツを取り替えます。

つまり、細切れ状態の睡眠で数ヶ月を母親が、たったひとりでみなければならないのです。

大変なこと。

妹は例にもれず実家におり、私はちょうど転職の間で暇していました。
妹は、赤ちゃんを産んですぐ1週間で過労になり、救急車で運ばれていました。あまりにも可哀想になり、私はみずから赤ちゃんの夜中ミルクを担当したのです。

1ヶ月程、夜中12時から朝の6時まで、毎日起きていました。

替りに、昼間は延々と眠り続けて10時間から12時間は寝ていたのですが、とんでもなく眠くて常に頭の中がボーとしており、グラグラになりながら生活していました。

身体は常にダルくやる気も起きない。出かけたくない。食欲はかろうじてあるくらい。

たった1ヶ月の朝夜逆転生活で、こんな状態になるんです。


夜中の勤務交代制の仕事は(看護師さんや工場で働く人、システム管理など)、メチャクチャ大変だし、延々と続けられる仕事じゃないと痛烈に感じたのです。

人間は、寝る時間が多少ずれたとしても、朝に起きて夜中には眠る生き物です。
そうしなければいけないし、一生逆の生活なんて耐えられないように出来ているのでしょう。

だからこそ。
基本的には、みんなで夜中は眠って昼間に活動するカタチでいいのですよ。

24時間、眠らない街なんていらない。
辛くなる人が、世の中に増えるだけ。

夜中に稼働するのは、最小限で必要な場所だけでいいんです。

しんどい人が増えるなんて、メリットまったくないです。
長期的に考えたら続かないです。本当にね。


akalisa
本日のラッキーなこと。
ホワイトチョコとプリン食べた。おいしかった。