鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

占いは何の為にあるのか?という基本的な問いかけ。

このタイトルの問いかけは、自分に対して行いました。

占いは統計学

その中から導き出される答えもあれば、違う場合もある。だけどそれらを知ることによって得られるもの。


それは、、、

心の安らぎ、でしょうか。

少なくのも私は、自己肯定する為にも占いをしています。
自己否定は、簡単に出来てしまう人が多いのに、自己肯定はムズカシイとされているから余計に占いというアイテムを使って自己肯定をしようと思っています。

自己分析して自己肯定。

この作業をすることが、占いの意味。

自分の心が見えた時の爽快感。すっきりと心の中が整理されるのです。

そしてこれとは別に、本当になにも、すがるものがない時、人は占い結果や助言を心のよりドコロにすることがあるのかもしれません。

だから変な占い師(実際は、詐欺師)が登場するのでしょう。

占い師は、ある意味心理カウンセラー的な役割をするのかもしれません。その人、ひとりひとりの人生を垣間見てアドバイスする。本当に辛いことを語ってこられる場合もあるし、とても軽い話をされる場合と様々です。

ただどんな内容であっても、真摯に受け止める。占い師としては、真剣に取り組むのが当たり前のことです。

真剣に取り組むからこそ、相手の心に届きが納得して、心安らいで貰えたら最高だと思っています。

心の安らぎを扱う仕事をしているという意味では、メイド喫茶と通ずるところがあるんだなと、思っています。

メイド喫茶も「癒やし」を提供する場所ですから。

人が心の安らぎを求めて、迷いを断ち切りたいと願う限り、占いは存在し続けるのでしょう。きっと。


akalisa
本日のラッキーなこと。
お布団がたくさん干せた。お天気が良すぎて気持ちいい。