鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

笑顔を向けても、相手からナメられない方法。

笑顔って、素敵だし向けられて嫌な気分になる人は、まずいないと思います。
いるんだとしたら、よっぽどひねくれた人じゃないでしょうか。


だからこそ、なのか。
笑顔を向けるとナメられることが多々あります。

今までの人生で、そんなことはなかったという人がいればラッキーな人なので、きっとこの文章は読むに値しません。

スルーしてください。

笑顔を向けて、ニコニコしていて、「あれ、ナメられてるのか?なぜ、自分に無理難題を押し付けてくるのだ?」と感じた人には、共感出来る内容です。

話を戻します。

一般的には、笑顔はいいといわれますが、それをみた人の中では、「笑顔=なんでも言うことを聞いてくれそう」と勘違いをする人が一定数います。「なんでも」というのは大袈裟だとしても、多少のワガママやお願いを聞いてくれそうと勘違いしてしまうのです。

「笑顔」=「話しやすそう」「親しみやすい」

という効果があげられますが、人によっては「ナメられること」も付随するのです。


ここで、無理難題なお願いをしてきた人がいたとしましょう。

なぜ自分に?と理不尽だなと思いつつ、受け入れたりしていませんでしたか。
そんなことをする必要はありません。

はっきりと「笑顔」で断って正解。
「笑顔」が、ポイントです。

笑顔で断られて、嫌な思いをする人はいません。

そりゃあ世の中には沢山の人がいるのですから、ひねくれた人一定数は嫌だと感じる人もいるでしょう。だけど、そんな人は何をしてもどう対応しても嫌な顔をするのです。
そんなのは、スルー。いちいち、ひねくれた人の為に、あなたの大切な労力を使う必要はありません。


嫌なことはする必要がないのです。

断ると「嫌われてしまうかも」という不安が募ります。
だけど、普通はそんなことで嫌われません。

笑顔で、はっきりと自分の意見を主張するのです。「あなたの気持ちもわかるけど、私はこう思います。だから申し訳ありませんが、無理です」
というのでいいんです。

相手はすんなり納得してくれます。


私は、子供の頃から、笑顔でニコニコして優しそうな雰囲気なので、大人になっても、理不尽なことを押し付けられることが多々ありました。

そこで、ある時から断ってみようと勇気を出してみたんです。
すると相手は、「え?断るの」と驚いた様子をみせるのですが納得します。
というより、もしかしたら「この人は笑顔だけど、理不尽なことは受け入れないし、自分をしっかり持ってるんだ」と認識をするので、二度と変なことは言ってこないのです。

それ以降の人間関係も、別に変化することはありません。


やってみた事がない人は、ぜひ「満面の笑顔で」実行してみることをオススメします。

あなたの世界が変わります。


akalisa
本日のラッキーなこと。
白い貝殻をたくさん拾いました。