鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

アンパンマンクラシックって、なんだなんだ?!音楽ではない。

アンパンマンクラシックって知ってますか。


クラシック絵本シリーズ?だったかな。


アンパンマンの初期の原作って、アンパンマンの表記が平仮名なんです。「あんぱんまん」。
それで、アンパンマンの指が五本あります。


近年のやなせたかしさんオリジナルイラストは、とても可愛らしく色使いが華やかでまあるく可愛いんですが、初期の絵本は、ざっくりとした大きな枠組みでのイラストです。

そして表情も、怖いというかなんかザクッとしている。

セリフも。

ジャムおじさん、あんこ腐りますよ」

とか言うんです!
面白いと思うのは、私だけではないハズ。


その原作の初期の絵本は、近頃、本屋ではみかけません。
おそらく10年位前に、ストップされていて、似た内容の「アンパンマンクラシック絵本シリーズ」で、イラストもアニメーションのイラストになっていて。
ストーリーもやたら長く改変されています。

それはそれでいいんですが。

個人的には、初期のオリジナル絵本が大好きなので、あのまま発行してくれていたらいいのにって思っています。

アンパンマンが顔を食べられるところなんて、すっごいんです!顔が全部、目とかもなくなるんですよ。首もないし。

いや、首は元からないですけどね。

子供ってそういう、なんかヘンテコなのが好きですよね。
私も好き。


だけど、お決まりのように、頭の一部が小さくかけているアンパンマンなんて、なんだか違うなぁって感じる。


大人の都合で変わったんだろうけれど、うーん、なんとも、もどかしい。


もし、初期の絵本を見る機会があれば、オススメです。

絵柄の好みは、わかれそうですが、やなせさんのパワーみたいなものを感じます!

やなせたかしさんの本の中で、当時のやなせさんは、急にアンパンマン人気に火が出て、出版社からどんどん描いてくださいと言われて、一生懸命仕事をしていたと語っていました。

ブームになりかけて、その波に勢いにのったアンパンマンといった感じです。


そのパワーを感じます。


誰でもそうですが、今が売れている!という旬と時期って、キラキラしているし、パワーを感じますよね。

それに触れていると自分もエネルギー貰った気分になる。

そういう絵本です。


私も、そんなパワーを出したいって思いました。



akalisa
本日のラッキーなこと。
雨にかからずにすんだ。