鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

占い師って、小説家と似てるかもしれない?!

小説家になったとことはないのですが。

あくまで私の場合。


占い師って、やってることが小説家みたいだなぁって思ってるんです。

たとえば、タロットカードの場合、カードの意味とインスピレーションで解読するからです。

つまり。
キーワードがたくさんあって、それを元にひとつの話を作るんです。

小説もキーワードがたくさんあって、それをいかに上手く、まとめるかですよね。
きっと、、、、想像だけど。




カードって、抽象的な意味が大きいです。
もうなんか、それだけみてると、全然わからない。
こんなんで、よく占い師やってるなぁって思います。


いやだからこそ、いろんな解釈ができてしまう。
それで、色々頭の中で、実際の占い内容と重ね合わせて、どういう意味かをあてはめていくんです。


「この意味かな?」

「いや違うな。」

「これかな。えー、これにしてると、他ががズレるから、、、、え?じゃあ、これなんだ?」

ジグゾーパズルをひっくり返してる状態。

何度も組み合わせて、バラバラの意味に散らばっていたものを、まとめてひとつの話に組み立てる。

「こうかなぁ?」って感覚が。

しだいに「こうだ!」ってなります。


それが結果になるという。



ただ、小説家とちがうのは、ストーリーに終わりがないということ。人生は続くし、ストーリーの内容もコロコロ変わる。



まぁけど。
頭で考えるのは、似ているなぁって、ふと気づいたんです。
それだけのことでした。



akalisa
本日のラッキーなこと
以前に壊した、お気に入りのカップが手に入りました。