鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

会いたい人がいるならば、その人と対等になればいい。

会いたい人がいる、とします。


会いたい人ってどんな人かな?、と考えた時に。
好きなのはもちろんのこと、憧れが入っていませんか?


会うからには仲良くなりたいですよね。
ですが。
憧れを持つと、会えたとしても、仲良くなりづらいんです。


なので。
「この人に会いたい」

と思ったら、その人に釣り合うだけの人になる努力を惜しんじゃいけない。

人というのは、同じ感覚でいる人と仲良くなったり。プライベートで会えたりするんです。

つまり。

憧れの存在だと、会いにくい。

同じ位置に自分をなんとか引き上げると会える。会えるのが当たり前、みたいなところまで来ると、するすると繋がっていきます。


その人と一緒にいても違和感がない何かを持っていると、きちんと会えるんです。


だけど。
その時には、憧れの存在ではなくなってるかもしれません。それでもきっと、会いたい人には変わりないですよね。




私には、メイド喫茶に勤めていた時に、憧れのメイドの先輩が二人いたのですが。プライベートで会いたいとまでは、思わなかったです。

最初は、一緒に遊びたいなぁとか思ってました。
だけど、接しているうちに気づいたんです。


仲良くなりたい部分があっても、こっちが憧れているから、上下みたいな感じになってしまうし、話しててすごく楽しいのに緊張しているせいかどこか息苦しい。
自分が出せない。


これじゃあ一緒にいても、楽しくないなって。
プライベートでお茶したとしても、内面を話せないとあんまり楽しくないですよね。上辺だけの会話なんて、意味がない。

つまり、会うまでのレベルに自分が追いついていなかった。

もちろん、これは恋愛にも言えることなんですが、その話はまた別の機会にします。



ひとまず。

会いたい人がいたら、その人と感覚的に対等になること。

抽象的だけれど、それが近道。



akalisa
本日のラッキーなこと。
仮眠できたーー。あと入院していたおばあちゃんが、退院確定。