読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

メイド喫茶の売りをわかっていなかった話。

メイド喫茶に通われる方は、みなさんメイドさんを見に来られます。

メイドさんを眺めて、ほのぼのしているのが好きな方が多いです。
そしてメイドさんと日常会話を交わして、楽しいなと感じる、のどかな光景です。たぶん。


仕事中は、メイドさんも基本的に私語は禁止です。

ですが。
メイドさん同士の他愛もない会話を見て、楽しむ方もいらっしゃいます。
「キャッキャッウフフ」的な、若い女性が持つ、なんともいえない柔らかく瑞々しい雰囲気の部分を見て楽しむんです。

私はこの意味を、キチンと理解出来ていませんでした。

だから、フロアの隅で、メイドさん達が固まって楽しそうに会話をしているのを見たご主人様が、「フロアまで声が聞こえてるよ」と私に言って来られたので、てっきり注意だと思い込んでしまったんです。

そこで。
会話をしているメイドさん達に「フロアまで声が響いてると、ご主人様がおっしゃっているので、もう少しトーンダウンでお願いします」と言いにいくと。
メイドさん達は、無駄話をしていたと気づいて、すぐさま解散になり、各自仕事に戻りました。

私はその様子を確認してから、フロアに戻ると。
ご主人様たち数名から「なんで、注意しちゃったの?!見てたのにーーーっ」と残念がられてしまったのです。

その時、はじめてメイドさんの売りの深さというのを実感しました。


メイドさんの仕事をしていると、物凄く感じるのが、視線です。
フロアにいる間は、これでもか!!というくらい見られています。ものすごい視線の嵐です。
これをストレスと感じるメイドさんもいますし、なにも感じないメイドさんもいます。

メイドさんの動きや仕草や会話をメチャ細かく見ているんです。

メイドというものを取り除いたとしても。
おそらく、男性は、若くて可愛い女性のキャッキャッしている部分を見たい願望があるんです。

女の子はどんなことに気を使って、なにが好きでどんな会話しているんだろう?って興味です。

だけど、一般的に知らない女性をガン見していたら、不審がられてしまいます。
だけど。気になるし見たい衝動にかられます。

それを思う存分に実現出来るのが、メイド喫茶なんです。

奥が深すぎて、最初はついていけなかったけれど。
途中から理解出来るようになって、ますますメイドさんというのは、ご主人様にとって、物凄い価値があるものとして、とらえられているんだなぁと実感しました。


どんな仕事でも、自分の売りをキチンと認識するのは、とても大切です。
売りというのは、ある意味強みであり、そこに価値が発生しているからです。
今までハッキリしたことはないけれど、なんとなく感じている自分の売りを見つけることが出来ると、有意義に行動できますよね。

もし考えてみたことがないのなら、ぜひ一度、自分を振り返ることを、オススメします。
新しい自分の良い所が発見できるかもです。




ちなみに。
占い師になるとメイドさんみたく、見られることはなくなります。
もちろんですが、そういう意味ではラクチンです。
ただ、気が抜け過ぎないようにしないとですね。


akalisa
本日のラッキーなこと。
大好きなアボカドを、たくさん食べました。