読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

メイド喫茶における季節の行事。日頃、私達が忘れてしまっているもの。ストレス緩和対策。

メイド喫茶

どうして、こんなにストレスな世の中なのかというと。

近年は、季節感がなくなっているのが、ストレスの要因のひとつになっています。

なので。
ストレスを緩和する対策として、季節の行事をすることが良いとされています。
非日常を感じることで、ホッとする時間が過ごせるからなんですね。

私が勤めていたメイド喫茶では、基本的に毎月必ず季節のイベントがありました。

冬のお正月は、巫女さんになり、お餅のメニューが登場します。節分にひな祭り。七夕には大きな笹の葉に、みんなで願いごとを書きます。秋はお月見にお彼岸。などなど。
そこに外国の文化も入ります。ハローウィンやクリスマスも。

もちろん。
その時期だけは、メイド服は着ません。その季節の行事におうじた格好をします。

そうすることによって。
メイド喫茶という元々が非日常であっても、それが当たり前になっているので、さらにそこから、非日常を作り出せるのです。

これは、ご主人様やお嬢様に、季節感を提供しているのですが、メイドである私達も「ああ、もうこんな季節なんだな」とリフレッシュ出来るので、とても良い効果があると思っていました。

大人になってから、七夕に願い事をかくなんてしないですから。
カラフルな浴衣を着て、メイド用の和風のカチューシャをしてお茶と和菓子を提供していると、「日本に生まれて良かったなぁ」と感じます。


普段の生活では、めんどうと感じるかもしれませんが、月に一回だけは、せめて季節のものを食べるとか。
いつもとは、なにか違うなという小さなイベントを意識的に作ると良いです。

気分転換になりますし、ストレス緩和されますよ。


akalisa
本日のラッキーなこと。
親戚の人たちと遊んだ。おみやげ、いっぱい貰いました。楽しかったです。