鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

経費削減したいだけのスーパーマーケットのなんちゃってエコ。

なんちゃってエコを強く感じることがあります。

それは、「環境保護」「環境問題」として。
スーパーマーケットのレジ袋を削減しようという流通業界各企業の取り組みです。


これについて、どう思われますか。


本当に環境問題に取り組んでいると思っていますか。


私は、まったく思いません。


スーパーマーケットに行くと大体、各お店には、こんなポスターが貼ってあります。
「うちのスーパーマーケットでは、今年だけでレジ袋○○万枚削減出来ました!」とか。「エコの取り組みをしてます」と、取ってつけたような言葉もしっかり入っているものが。

それって。
単に経費削減が目的の取り組みを、自分たちに都合の良い表現に変えただけにしか思えません。


そもそも。
スーパーマーケットでのレジ袋をみんなどうしているのでしょうか。
きっと、ほとんどの人が再利用していると答えるでしょう。


もちろん、ゴミ袋としてです。


だとするならば。
レジ袋を貰わないで買い物をした場合、消費者はスーパーマーケットに販売している新品のレジ袋そっくりのビニール袋を購入しなければならなくなります。


それ自体は別に悪いことではないのですが、昔からレジ袋は、ちゃんと活用されているし、素晴らしいシステムだと思うんです。



なので。

環境問題に取り組んでいると見せかけて、実在は、企業の経費削減をしたいだけです。

それで、「エコエコ」言うなんて、ちゃんちゃらオカシイとか思ってしまっています。


結局、レジ袋を削減したところで、別の場所で確実にレジ袋に変わるビニール袋は消費されている。単に消費する側のお金の流れが、企業から個人に移っただけです。


企業からすると、レジ袋削減→環境に取り組む企業として良いイメージがつく→さらにゴミ袋を購入してもらえるので売上アップ、を想像してですよね。

個人的には「ただの経費削減か」と毒づいてしまいます。


過剰包装は、別問題として。
レジ袋削減に関しては、本当に無意味なことしているなと感じています。

結局のところ、環境問題の取り組みが本気じゃないんです。


だから。
なんちゃってエコ。

イメージ悪いです。


akalisa
本日のラッキーなこと。
桜餅が食べたいのですが、季節違うのでなくて、変わりに柏餅が売っていたので買いました。似ているようで似ていない。だけど美味しいんで良かった。