読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

90 年代のアンパンマンのアニメからみる、流行とブレないもの。

アンパンマンを見ていると、あれだけ長くアニメ化されているので(27 年くらい)、時代を感じます。

時代によっての流行を感じるんです。
これは、サザエさんのアニメもそうなんですが、脚本や演出によって内容とかテイストかなり変わるんです。

90 年代のアンパンマンは、ストーリーがドラマっぽくて。普通に人間に置き換えて昼ドラ作れそうだなという感じなんです。
やたらと心理描写に言及しているというか。



特に私の大好きなロールパンナちゃんは、やたらと感情的にアンパンマンに絡んできます。
そう!全部のキャラクターがやたらと感情的なんです。
バタコさんが熱出して倒れたり、大根役者(←キャラクターの名前)がやたら感情豊かに声を張り上げていたりしています。


私は、昼ドラの様なヒューマンドラマや、情緒的な話は苦手なので、最近のアンパンマンのが好きです。キャラクターが際立っていて淡々としたストーリー展開なんです。


個人的に、悲しいのが、メロンパンナちゃんの出演回数が、昔はメチャクチャ多かったのが、今はほとんどないんです。
アンパンマンの妹のように登場してました。感覚的にバタコさんよりも多いです。ちびぞうくんもメチャ登場します。ちびぞうくんストーリーなの?って思うほど。


アンパンマンの本質は変わらないのですが、おそらくアニメ界全体の流行りでキャラクター重視みたいなところが昨今なんだな、と感じます。


どんな人気のある物でも、流行りがあってその時代を映し出しているのは興味深いです。

ファッションでも食べ物でも家でも車でも生活スタイルでも流行りはあります。

ただ本質的なところさえブレていなれば、どんなことも長く続いたりするんだなと。


占い業界もそうです。
流行りの占いが登場したりしますが、本質的には確固たるものが昔から存在します。

だから、とても長く続いていて、たくさんの人からの支持されているんだと感じます。
そんな占いがやっぱり大好きです。


akalisa
本日のラッキーなこと。
日経新聞を貰いました。久々に経済新聞を読んで面白かったです。