鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

約束の時間に遅れてきたならば、ひとまず謝るのが人としてあるべき姿。それが出来ないなんて脳みそが腐っている。

あるイベントに出かけました。

そこでは、ひとつの空間にあちこちで、色んなイベントをしているんです。


アロマテラピーをしていたり、耳ツボマッサージやメイク教室、ジェルネイルなど。

そこで。
赤ちゃんを連れた二人のギャルママさんが、ごく普通に訪れました。
私の横付近にいたのです。

他にも沢山人がいたのですが、なぜそのギャルママさんに目が行ったのかというと、そのギャルママさんに向かって声を掛けてきた人の言葉が聞こえたからです。

「やっと来られましたね。予約の時間になってもお見えにならないから、どうしたのかと思いましたよ」

と、困った様子で話しかけていたんです。

予約していたイベントの時間に遅れたんだな、とわかったのですが、その後のギャルママさんの言葉に驚きました。


「え、あ、そーですか?」

「いや、べつに」


という様な「なにか悪いことしましたか?」的な発言でした。


謝りの言葉は一切ナシでした。


私は心の中で「こいつら死ね」「どっかいけよ」と、軽く毒づいてしまいました。(すみません。口悪くて短気です)


なぜ、素直に謝ることが出来ないのでしょうか。


どんな理由であれ、自分がお金を払う立場だとしても、遅れることは、良くありません。
明らかに相手に迷惑をかけるからです。そこで一言の謝りもないなんて、脳みそ腐ってるなと思います。

事前に連絡するとか、出来ないならそれでもいい。何らかしら天災で遅れる場合もある。だけど、それでも相手のことをおもったら、謝るのが人としてのあるべき姿です。
誰だって遅れることはあります。どんなに準備万端にしていても、遅れる可能性はみんなあるんです。
遅れることを非難しているのではなく、なぜ謝ることが出来ないのか?って話です。

ちなみに、私はギャルの格好が今でも大好きです。
ギャルママさんだから、どうこうという訳ではありません。


こういうことする人は、見た目の格好関係なく、一定の割合でいます。



だけど。
ギャルの格好は目立つから、ギャルが非難されたりするのかな、なんて思ったりもします。
元ギャルとしては、悲しい出来事でした。


そして。
私はこういう人間は、出来る限り関わりたくないなと強く感じました。


謝るのは、負けでもなんでもありません。
きちんとした場面で使えばいいだけの話です。


それだけです。


akalisa本日のラッキーなこと。
扇風機って、意外と涼しい。