鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

人は、覚えられると嬉しい気持ちになる。だから意識して覚えよう。

私は、同じく接客業を長い間していて、お客様のことをあまり覚えることが出来ませんでした。


努力をして、やっとなんとかわかるという感じでした。
メイド喫茶でもご主人さまの特徴をメモって必死に覚えていました。
全体的には、圧倒的にお客様の方が、私を覚えてくれていることか多かったです。


服屋さんでも、二回しか行ったことがなくても、接客してくれた店員さんが。

「こないだ来られましたよね。ワンピース購入してくださってありがとうございます」

とか言ってくるんです。田舎じゃなくて、都会のど真ん中の店です。

「すごいですね。覚えてらっしゃるんですね」

と言うと。

「接客業していると覚えるのもあるんですが、元々すぐに覚えてしまうんです」


とのこと。


私なんて。
ずっと接客業してましたが、必死になっている努力して特徴とかメモったりして、なんとか覚えてました。


人って覚えられると、嬉しい気持ちになります。


常連さんになった気分になるし、その人との距離感がグッと縮まった気がするんです。


私的には、占いをしていると、今までしてきた普通の接客業よりも、なぜか相手を覚えられるようになりました。

人は内面を知ると、心の中での印象が強くなるみたいです。
たくさん、中身のある会話をすればその分、覚えられるのかもしれません。

みんな人間は、自分の存在を認めてほしいと無意識に願っています。だからこそ、存在を覚えてもらうという行為がとても心に響くんだと思います。


だから。
接客業の人は、お客さまを思い出したら、どんどん声掛けするといいです。


そして。
接客業じゃなかったとしても、プライベートでもなにか機会があったら、人を覚える意識をつけた方がいい気がします。

なにがどういう縁で、また出会うかもしれませんし、お仕事で一緒になるかもしれません。
その時に覚えていたら、すごくいい感じです。


なにより。
お金をかけずに人を嬉しくさせるのは、素敵なことです。お金をかけて喜ばせるのは比較的簡単ですから、そうじゃない部分でするのは、すごいこと。



というわけで。
人は覚えられていると嬉しいという話でした。


akalisa
本日のラッキーなこと。
とても昔のビーチボールが出てきました。ふくらましたけど割れませんでした。