鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

メイド喫茶は、オーナーさんするの舵取りによってお店の特色が生まれます。

当たり前のことかもしれませんが。


メイド喫茶は、オーナーさんのやりたい方向によって。雰囲気も方針も、サービスの何もかもが変わります。


私の勤めていたメイド喫茶は、オーソドックスなモノトーンロングの制服でした。


萌えなサービスもほぼなく、どちらかというと淡々としているお店です。


ウェイトレスさんが、たまたまメイド服を着ていて、サービス業として素敵なスタッフさんがいるお店にかなり近いと思います。



一方で、歌や踊りイベントを開催して、萌え系なお店もあります。メイド服のスカートも短くてフリフリなイメージ。メイドさんが、ウェイトレスではなくて、完全にメイドキャラクターのようになっています。


これは、オーナーさんの経営方針の違いです。オーナーさんがこんなお店にしたいという思いを体現しているものでもあります。



私はクラシカルな雰囲気に憧れていたので、そういうお店に勤めていました。


なので。

お嬢様やご家族連れがご帰宅されることが多かったです(女性のお客さまがいらっしゃるという意味です)。

そして。

オーナーさんが、外国人の方にかなりWelcomeな人だったので。留学生の外国人さん達には、やたらと愛想よくサービスしていました。


ご帰宅されるご主人さまも(男性のお客さまのこと)、萌えをあまり望んでおらず、クラシカルな雰囲気が好きで通ってきて下さってました。




占いにもありますよね。


雰囲気というか、方針みたいな。


占い師さんによって、占う得意ジャンルはわかれてきますし、ご依頼主さまの傾向が似ていたりします。

私の場合も、ご依頼主さま全体の雰囲気というか、なにか似ているなと感じるものはあります。

うまく、口では説明できないんですけれど。



私自身が望んで、そういうご依頼主さまを選んでいるともいえます。

そういう雰囲気の人が集まるように、自分を演出しているんです。きっと。



占い師がしたいと思うイメージの占いをして、それが好きな人が集まってくるという意味では、メイド喫茶と同じだな、と勝手に思っています。


というか。

どんな職場にも言えることですよね。
トップの経営方針によって、会社に集まる人材の種類が似てくるということです。



占いに至っては、舵取りを自分ひとりでほぼ決められるのですごくお仕事がやりやすいです。


占い師になって改めて良かったなと思います。


akalisa
本日のラッキーなこと。
わらびもち、おいしい。つめたい。黒蜜きなこが一番です。