鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

占い師をお客さまが「先生」と呼ぶ必要はない理由。

そもそも。


占い師って、なんで「先生」とか呼ばれたりするのでしょうか。

「さん」で充分です。
「さん」だとダメな理由あるのでしょうか。


占い師の中には、「先生」と呼ばれるのが当たり前で、それを半ば強要してくる人もいます。

それってどうなのですかね。

人それぞれですが、個人的には、強要してくる人とは接したくありません。たぶん、お互い私みたいに思っている人とは、おつきあい出来ないでしょう。


そうはいっても、昔ほど「先生」という人が減ったとは思います。


なぜ、「先生」と呼ぶ必要がないのかと言うと、別に何かを伝授したり教えているわけではないからです。

お客さまにとって占い師は、単に占いの結果を伝えているだけだからです。

その中には人生経験を含まれせることも多いと思います。勉強になることも。
ですが、それは「先生」とは種類が違います。


教師としての「占い師」ならば、「先生」でいいんですが。


それと。

「先生」と呼ぶと上下の関係が出来やすい。そこから「占い師依存」みたいな人が出てくる確率があがりやすい。
「占い師依存」も「占い依存」も、やめた方がいいからです。

占いに限らず、なんでもそうですが、頼り切って依存するとロクなことがありません。


以上、とても個人的な意見でした。




自分の人生は自分で決めていきましょう。


akalisa
本日のラッキーなこと。

なんだか肌がツヤツヤしています。