鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

変わるもの、変わらないもの。

世の中は急激なスピードで移り変わっています。

昔に比べて本当にメチャクチャ早いスピードです。だから、変わるものなんて大量に存在します。


生活様式、国、技術、ファッション、医療、人口数など、ありとあらゆるものが、どんどん変化していってます。


だけど。

変わらないものも存在します。



それは、人の感情です。

すごくオモシロイのが、平安時代源氏物語に出てくる人物の感情が今の人たちの感情と同じだということ。


つまり、この変化の激しい世の中でも、人間の感情は変化がないんです。

個人差はあっても、基本的な喜怒哀楽は同じ。


どんな時代でも、自分が楽しくて人が喜ぶことをしていけばいいんだと思います。


悩んだり辛いことは多いですが。
そんな時は「今、自分が楽しい中で悩んでいるのか」「単に嫌すぎて辛いだけ」なのかを見極めて、出来る限り「楽しい」と感じる方向へ、歩いて行けていけるようにしましょう。



改めて。
どうして、こんな風に思ったとかというと。
先日、昔ながらの個人経営のレストランに足を運んだ時のことでした。
そのお店にいた家族連れで小学4年くらいの男の子が、長谷川町子さんの「いじわるばあさん」を必死に集中して読んでいたからです。

私も大好きな長谷川町子さんの漫画。
私の時代でさえ、昔の生活様式や時代を感じさせるものが沢山書かれていて、わかりにくいところもあったのですが、内容はとても面白かったんです。
今の小学生にも面白さがわかる!ということは、感情は同じということ、と気づきました。



そんな話でした。


akalisa
本日のラッキーなこと。

睡眠不足が、ほんの少し解消されました。