鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

占い師とセラピストは違います。別物です。

占い師をセラピストと勘違いしている人がいます。


おそらく。
占いとカウンセラー系って相性が合うから、一緒にまとめて「占い師」「癒しセラピスト」をしている人も数多くいるからじゃないかな、と思うからです。


だけど。
占いは、占いであって、それ以上でも以下でもありません。
そして占い師もタダの人です。



占いは、占い師が結果を出して、それでおしまいです。
ただ悪い結果の場合はフォローが入ったりもします。フォローについては、占い師さんによって、ほぼ入れない人もいます。

基本的には、入れる方がいいとされているし、人によっては「フォロー入れないとダメでしょ!入れるべき」、というような感じの占い師もいます。(イーデングレイさんがそのタイプ)


私もフォローは、入れるべきだとは思います。

ただし、これも占い師によって限界があって、おそらく本格的にカウンセラーをしてきた人は、それにあった言葉を知っていて、うまく言葉をかけることが出来るでしょう。
カウンセラーをしたことがない私のようなタイプは、人生経験や自分なりの哲学しかないので、なかなかうまいフォローは入れにくいのが現状です。


だから。
個人的には、占い結果がご依頼主さまの全く望まないことになった時、どう声をかければ良いのか悩んでしまいます。
それでも、なんとか告げて自分なりにフォローを入れる。そこで、セラピストレベルのものを求められると、応えることが出来ません。


だって。私は占い師であって、セラピストではないのですから。


なので。

占い師≠セラピスト。


ここ重要です。


占い師はセラピストではありません。



占い師をセラピストだと思って、癒やされたくて占いを受けるのなら、少し立ち止まった方が良いかもしれません。
癒されたいのならば、占いではない別の場所に行った方が心の満足は得られるからです。

占ってくれる人との相性がたまたま良くて、心が晴れやかになるかもしれませんが、その逆もありえるのです。


そこは、明確に区分けして占いに望むと良いと思います。


占いは自己分析、新たな方向性を探す時、現状を整理して、冷静な自分を見つめたい時に使うと有効です。




akalisa
本日のラッキーなこと。

ある自分の考えに共感してくれる人が沢山いました。幸せです。