鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

あまりに睡眠不足が続く時は、思い切って仕事を休もう。

当たり前の話なんですが。


睡眠不足が続くと頭がボーとして動きが鈍くなりますよね。
眠たいけれど、そんな隙間なくて、ほんの少し目をつむることが出来ればいいくらい。
休憩時間に倒れるようにソファーでグッタリしたり。


睡眠不足の時は極力、エネルギーを使うことを止める方向で過ごすのが一番です。

そうは言っても、そんなこと出来る環境である人は少ないのかもしれません。


それならば。



1、通常会話を少なくする。

2、考えることを止めて、脳を出来るだけ使わないようにする。

3、なんでも次の日や後日に後回ししてしまう。

4、トイレに行く回数を増やしてひと息いれる。


などしてみる。



そしてそして!

最終的には、倒れる前に仕事を休む。もしくは早退するのが良いです。

私は昔、休むことや早退が出来なくて、倒れるギリギリまで我慢しまくり、余計に酷くなるということを繰り返していました。


倒れて、夜中に病院行き。

倒れて、一週間自宅安静。

倒れて、救急車で運ばれる。


色んなお仕事をしてきましたが、ギリギリまで我慢するという悪い癖がついていたのです。


それを繰り返していい加減、適当な時に休むということをはじめました。



考え方を変えたのです。(以下)


1、あまりの睡眠不足なら、会社を休んてでも眠ったらいい。(→倒れて数日休むことを思えば、一日休んでかなり復活出来ます)

1、あまりにしんどいなら、途中出勤したらいい。(→しんどすぎで、周囲に心配と余計な迷惑をかけるくらいなら、思い切って途中から会社に行けばいいのだから)


と、いう風にしました。



それでも。

自分では気づかなくて、身体の異変ではじめて「あれ? 頑張りすぎてたのかな。もしかして、今はオーバーワーク気味?」と、気づくこともしばしば。



なんの為の仕事なのか?



と、いう問いの答えをしっかり持っていれば、休むことも比較的迷わないと思います。

働くことへの方向性、考えの基本ベースがしっかりしていれば、以前の私のようにメチャクチャになるまで無理をしようと思わないはず。


睡眠不足の時こそ、働くことへのを意味を考える時なのかもしれません。


akalisa
本日のラッキーなこと。

友人が素敵なマグカップを手に入れて喜んでいました。笑顔って、こちらまで幸せ気分になります。