鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「私はこういう人間です」え、それって本当に、、、そのままでいいの?

自己紹介でもなんでも。

自分を分析して、どんな人間かを知っていると人からわかりやすいし、自分にとってもメリットがあります。


だけど。


「私は、こういう人間です」


と、かっちり決めてしまって、そこから変化しないように気をつけないといけない、なんてことになると本末転倒です。



自分という人間なんて。
今の自分がわかっていれば、後はどんな変化をしてもいいんです。



好きな物が変化していっても。
好きな物がに一貫性がなくても。
価値感がどんどん変化していっても。



たとえば、私ごとですが。


小室哲哉さんと浅倉大介さんと中田ヤスタカさんが作る音の世界は、とても素晴らしいと思っています。


基本的に、このお三方の作る曲がものすごく好きです。

聴いていると、みるみるテンションがあがって、心が軽やかになり、ストレス解消されていくのがわかるからです。

どうして?と、尋ねられるとわからないのですが、単純に心地良いと身体が感じるからです。
あと。
YMOさんの「ライディーン」も好きです。
初音ミクの声も。

要するに、シンセサイザーとかコンピューターの奏でる電子音が好きなのです。


なのになのに。

私が素敵だと思う人に美輪明宏さんとかスーザン・ボイルさんがいます。これって、まったく対照的な音楽じゃないですかね。

自分でもすごく不思議。
違いすぎやしないかって。
それが自分なんです。




ここでもし、たとえばあなたが。

「私は、和食が好きだから、洋食は口に合わないはず。基本的にパスしていこう」と、なってしまうと、ツマラナイ人生になってしまう。

選べる楽しさを、最初から排除しているなんて、世界が狭くなります。

味覚は変わるし、好きなものや感じ方も年齢や環境と共に変化していくからです。
変化しないものはこの世に存在しません。

もちろん、ある人にとっては一生変わらないものもあるかもしれません。誰にもわからないのです。



だからもし。


「あれ、これって私、好きじゃないのにな。なんで選んだんだろう?」
と、疑問に思いながらもなんとなく流れていくようならそれでいい。

無理矢理「私は、いつもこうじゃないから、やってみたいけど、やめとく」と、頭で判断しなくてもいいんです。心が素直に傾く方でいい。
それが正解で、本当に自分が必要としているものです。


枠組みって一度決めると。どこか無意識で「私はここまで」「私は、これが出来ない」と、勝手に自己判断で決めている人が多いです。


そんなものは、取っ払ってしまいましょう。
生きていく上で邪魔にしかなりませんから。




akalisa
本日のラッキーなこと。

Amazonのスピードが速攻になってきている。とにかく早すぎてすごすぎる。