鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

本気で好きなことは、周囲から見ても光り輝く存在になっている。

どんなに下手でも、自分が心から好きならば、それなりに上手くなるし、自然と一生懸命になっています。

人から見たら驚く程の努力をしていても、している本人からみたら楽しいことこの上ない。

何かのプロになる人って、基本ベースがそのことが好きで好きでマニアみたいになっているんです。


苦にならないし、何とかしてうまく事が進むように、アイディアも湧いてくるものです。


私個人の話になりますが。

メイド喫茶に勤めていた時、「仕事を覚えるのが早い」と、仕事が出来る先輩に言われたことがありました。
実際に、裏では今までの人生にないくらい努力していましたが、それがまったく苦になりませんでしたし、逆にこれで早く一人前のメイドさんになるのなら、楽しくてしょうがなかったのです。


たぶん。
人生の中でキラキラ輝いていたと思います。
今でも、年齢制限がないのならば、ずっと続けていたかもしれない唯一の職業です。


占いにしても、最初はなんとなく好きではじめたことですが、努力とかは思いません。
楽しくて仕方ないからです。


だから。
好きで好きでしょうがないものがあったならば、それを続けていれば、きっと本物になります。


みんながそんな風に、おもいっきり打ち込める好きなことが見つかれば、世の中はハッピーが満ち溢れるのになと、思いました。



ちなみにうちの母も、趣味ではじめたトールペイントがなんとなく先生までいってしまい、生徒さんがつくようになりました。


趣味ではじめたといっても、母はそれまでに、色々あって一度は死にかけて人生観が変わり「そうだ!トールペイントしよう」と、思い立ってからの流れです。

死を思うと叶いやすくなるのかもしれません。
それに母は、トールペイントをしている時が、キラキラ輝いています。

私も占いをしている時が、キラキラしていたらいいなと思います。


akalisa
本日のラッキーなこと。

寝過ごしてしまった出来事があるのですが、日にちを振り返られることだったので、セーフでした。