鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「占ってみて、良いことだけを教えて下さい」というのは、お断りです。

以前にこのタイトルと似たようなことをおっしゃったご依頼主さんがいました。


一度だけ、その通りにしようと頑張ったのですが、説明するのがものすごく難しかったです。


長所と短所は裏返しですし、悪いことを告げないということは、注意すべきこともナシということなのかな?と、色々気を使いました。


結局、良くわからない占い結果になったのです。

結果的に、ご依頼主さん的には、満足していたので良かったのですが、私的にはしっくりこずに、なんだかモヤモヤが残りました。


こんなの占いではないなと、強く感じたのです。


それ以来。
「占ってみて、良いことだけを教えて下さい。悪いことは一切言わないで」と、言われても「ちょっとそれは出来かねます」状態です。


本来、占いって、良いことだけをみるものではないと思うからです。
すべてを俯瞰的に大きく見て、どう捉えるかはその人次第だったりもしますし、占い師さんによっても言い方や解釈が多少なりとも違うからです。


そして。
占いとは、自分や現状を冷静に分析するツールなので、良いことだけを言うのは、バランス悪くなってしまいます。


占いは、怖いことを予言するものでもありませんし、変えられない未来を告げるものでよありません。

もちろん、人生には避けられないことは沢山ありますが、占い結果が悪いからといって、なにもしないでいるなんて本末転倒です。

未来は確実に自分の手の中にありますし、変えることは自由自在なのです。


それを理解しているならば、良いことも悪いこともある程度、フラットに捉えられるのではないでしょうか。
そして、占いには本来「良いこと」「悪いこと」がないということも、わかってくると思います。


というわけで。
占い結果が悪いからといって、落ち込まなくてもいんです。そして、良いことだけを教える占いは、たぶんハズレてしまいます。


どんな結果であっても、未来は自分で作っていくと、いう気持ちでいきましょう。


akalisa
本日のラッキーなこと。

代車がレンタカーのせいか、意外にも快適でした。