鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

投資で不労所得を得たいのなら、少しの勇気と行動、そして腹をくくること。

楽してお金が手に入らないかなぁと、思っています。

正直者のあかりさです。


なぜ、お金が欲しいのかというと、それで世の中のほとんどの物が購入出来るからです。

ハワイに別荘を購入したり、一年中、ハワイの海をぷらぷら散歩して世界中の占い三昧な生活。


そんな妄想は端に置くとして。



投資をしたことない人からすると、投資という響きは、興味はあるけれどよくわからないし、なんか怖い気がすると、いうものだと思います。
(投資に興味が全くない人は、このブログ記事はもちろんスルーしてください)


だけど。
労働せずにお金を手に入れるとは、どういうことだろう?と、体験してみたくありませんか。


私は10代の頃からメチャクチャ興味がありました。

お金が貯まって、自分でリスクを取れる範囲を決めてから、はじめて外貨預金をした時のことは、今でも鮮明に覚えています。

安全ではない場所にお金を預けるということ。海外旅行で外貨に交換したことはあるくせに、投資の為のお金だと思ったら、外貨預金口座を開くための最低限のお金であったとしても、緊張が止まりませんでした。

銀行の窓口で、担当して下さった年配の女性は、「最初は誰でも、緊張しますよ」と、穏やかでにこやかな対応でした。
頭に血が昇って顔は、ほんのり赤く染まっていたと思います。

手続きが終わった後は、世界の経済ニュースがますます気になりましたし、しばらくは毎日為替をチェックしていました。


一生懸命、労働で稼いだお金を、少額であったとしても投資するのだから、利益を出したいと思うのは当たり前です。
そういう本気が、投資やお金の仕組みをもっと勉強するキッカケにもなります。


損をすることもあります。どこで引き際を決めるのかも、すべては自分次第。
これほどまでに、自分一人の責任で決定することって、あんまりないと思います。
したことがないことをする、一歩踏み出す勇気。
リスクを抱えること。ゼロになった時は仕方ないと腹をくくる。

それをもってはじめて、投資が出来ます。


なんて。
すごい大袈裟に書きましたが、これは投資に限らず、はじめてのやってみたいことにも共通しています。

どうなるかわからない。
だけど気になること。してみたいこと。

人生は一度きり。
だったらやってみるといいんです。
一歩踏み出すと、今まで見えなかった世界がそこには広がっています。
なんとかなると、本気で自分に言い聞かせると案外なんとかなるものです。


とか言いつつも、はじめてのことは、どんなことでもいつだって緊張しまくりです。


言い訳を探すんじゃなくて、とりあえず行動してみましょう。


akalisa
本日のラッキーなこと。

寒さかなにか、よくわからない不具合のせいで、一時間くらいグッタリしていたのですが、暖かい場所に行って食事をしたら復活しました。
寒いって、人間にとって罪だなと強く感じ、暖かい場所にいられたことに感謝しました。