読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

銀行は何をしている所なのか知っていますか?

占い師は、文字通り「占いをする人」です。
これは単純明快ですよね。

じゃあ「銀行」は?
何なんでしょう。

答えは、「お金を人に貸して、その利子で利益を得ている」「お金で株などを購入して投資に使い、その利益で儲けている」企業です。

そして、その大量のお金はどこから調達するのかというと「預金」からです。



たぶん、そう。



私は、子供の頃「銀行」が何をして利益をあげて社員に給料が払えているのか知りませんでした。

というか。
銀行に預ければ、利子が増えてラッキーみたいな感覚。今でもあまり全体像は把握していないと思います。
お金を扱う場所くらいのイメージしかなくて、具体的にはさっぱりでした。

貯金をすれば、何故「利子」とやらがついてお金が増えるのかも謎。謎だらけ。

小学校でも具体的には習わなかった。
こんなに身近なお金なのに。生活に必要なお金なのに。お金がないと生活が出来ないのに。


個人的に銀行は「秘密結社」に近い所だと思っています。あまりにも謎だらけだから。




最近。

銀行は預けてもらうよりも直接にお金を貸して、利子で儲けることに力を入れているように思えます。
きっと、投資では儲けにくくなってしまったので、住宅ローン外貨預金の手数料で、収入を得ようと必死です。


じゃないと、私みたいな少額しかお金のない人間にセールスかけてこないですからね。



そんな個人的な話は、端に置くとして。
銀行が、何をしているのか明確に知ったのは大人になってからでした。


今の子どもたちは、どのくらい先で銀行の仕組みを知るんでしょう。  


というか。
銀行というものは、いずれなくなる企業のうちの一つなので、意味を知る前に過去の産物になってしまうかもしれません。


なんだか途中っぽくなりましたが、「銀行は何をしているところ?」に対しての説明ブログでした。


akalisa
本日のラッキーなこと。

かっぱえびせんが異常においしく感じられる。