鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

フィーリングが合う心地良さ。

「類は友を呼ぶ」と、いう言葉がある通り、フィーリングが合う合わないってあります。

占いをしていても、このご依頼さんとフィーリングが合うからもっと占いたい!と感じたり。

逆に、まったく噛み合わなくて、たぶん心の中でお互いに苛々してしまったりします。

まったく噛み合わない人は、一定数います。
どんな人かというと、


占い依存症みたいな人。

自分がなくて、なんでも占いのせいにする。他人だけが悪くて自分は悪くないと思い込んでいる人。

こんなにも自分は良い人で素晴らしいのに、何故周囲は認めてくれないの?と勘違いしている人。
(本当に良い人とか、素晴らしい人は、自分からそんなことアピールしません。)



こういう人たちとは、まったくフィーリングが合いません。合わないどころか、さっさと帰って欲しいです。



フィーリングが合うと、お互いがすごく快適です。サクサクと通じあえるし物事がするするうまくいきやすい。

占い結果を伝えるのが下手な私でも、相手がしっかり受けとめてくれるから、フォローしやすくなります。
そういう人って、ありがたいです。


自分のことを棚に上げて言わせてもらうと。
占い結果を聞いて、落ち込んだとしても、いつか気を取り直して、ゆっくりでも歩こうと決められる。

今は出来なくても、いずれがんばろう、マイペースにコツコツやってこうと、思えるだろう人の占いをするのは快適です。

言葉や表情そして声などで伝わってくるものがあります。


そんな素敵な人ばかりではないし、そんな気分じゃない時だってあります。私だって落ち込んだら、一気に死にそうになります。
仕事をしていると、フィーリングも合う人ばかりではありませんが、そういう人たちと沢山巡り会えたらいいなと思っている次第です。


だけど、類は友を呼ぶので、自分がイチミリでもそんな人になったら、そういう人が増えるんだろうなとは思います。



akalisa
本日のラッキーなこと。

ニットの毛玉取りがたくさん出来ました。やったー。