鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

細やかな気配りから、クレームを減らす。ターゲットは誰なのか。

こないだから、駄菓子をちょこちょこ購入しています。


さてさて。

駄菓子のターゲットって誰だと思いますか。
基本的には、幼稚園から小学生くらいまでの子供たちです。他には、駄菓子の好きな大人たちです。



オモシロイことに、ターゲットに応じて、駄菓子というのは、小さな違いがあるんです。



話は戻ります。
私が購入している、駄菓子屋さんのお菓子は、昔ながらの当たりくじ付きの11 円からのお菓子を販売しています。

個人的に好きな「ヨーグル」という牛乳ビンがミニミニサイズになった様な物にも、ちゃんと当たりくじがついているんです。

ビニールのフタが一部、黒くなっており、めくるとそこに当たりが記載されているというカタチ。


これが子供向けの駄菓子です。



そして、ここからが大人向けの駄菓子なんです。
つい先日。
スーパーの駄菓子コーナーで、「ヨーグル」が、5個パックつめ混んで販売していました。
5個も入っているので、ターゲットは大人です。そしてこのお菓子、食べている時に、気づいたのですが。

見た目、まったく同じ商品なのに。
なんと!くじが入っていないんです。
つまり、黒い部分は印刷されておらず、すべて白抜きになっていました。


これはもし、当たってもスーパーで個別対応が出来ないからという合理的な理由です。
もしくは、最初から大人向けの駄菓子として販売しているから、くじは必要なしと考えているのだと思います。(おそらく前者が理由なのでしょう)



もしも。
メーカーが面倒がって、くじを付けたままスーパーに卸していたら、クレームだらけになるに違いありません。

クレームになるであろうことを最初から排除しておく。そんな小さなことでも、気配りのひとつです。

誰をターゲットとして、どこに販売するのか?ということで、まったく同じ商品なのに、違いを出してることに驚きました。


これはどんな仕事にも通じることです。
誰を相手に仕事をしているのか?で、なにもかも違ってきます。
言葉遣い、説明の仕方、デザイン、価格、イメージ、コンセプト、カラーなどなど。


 
私も基本的には、女性の方を対象に占いをすることが多いです。なので、色んなことが女性寄りになってしまっています。

フラットなラインはどこなんだろう?と、考えるキッカケになった出来事でした。


akalisa
本日のラッキーなこと。

当たりが出ました。20円です。