鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

節分の意味と、様々な年間イベントがある理由。

節分をどうお過ごしですか。


さてさて。
恵方巻きのお寿司はともかくとして。

個人的に、昔ながらのイベントには意味があることが多いと思っています。


節分もイベントのひとつですが、季節の変わり目は、邪気が入りやすいんだそうです。


なので。

節分には、ヒイラギの葉にイワシの頭を刺したものを玄関に飾っておくのです。



なぜなら。
鬼はヒイラギのチクチクした葉が怖いから。
イワシの頭は、においがキツイから苦手ということで、鬼が家に入らないよう厄除けするんですね。





でもって。
これらの色んな年間イベントは、なぜあるのでしょう。

もちろん、個別の意味も大いにありますが。
大きな生活の知恵として、生きていく上でのリフレッシュする時間としてもうけられているんです。


日本では、一ヶ月に一度はイベントがあります。
そこで非現実的な感覚になり、心を現実から離してリフレッシュさせることが必要だからです。

そうすることで、普段のルーティンワークでのストレスを緩和される効果があります。


たまに違うことがあると、気分転換になるというわけです。
 
というわけで。



ヒイラギの葉を買いに行きました。

だけど花屋さんでは販売していなくて、スーパーにヒイラギセットなるものがありました。
枝豆の枯れた枝がセットになっており、鬼の面がオマケについています。
残念ながらイワシの頭はなくて、だけどこれだけでも鬼退治の効果あるはずと思い、玄関に飾りました。

本当は、焼きイワシがいいらしいので、当初は焼きイワシを購入する予定でしたが、母が「猫が来るからやめてーー!」と、本気で嫌がったので取りやめ。

レプリカでも焼きイワシの頭があればいいのに、と思った次第です。



気持ちの問題な部分もあるのですが、こういう「ヒイラギと焼きイワシの頭」というアイテムじたい、すごくオモシロイなぁと、思いました。


日本にも西洋に劣らず、昔からの言い伝えでの、厄除け、魔除けが色々あるということです。



現代では、季節のイベントは忘れられがちですが、ほんの少しだけでも、参加することでいい感じですよと、いう話でした。



ちなみに来月は、ひな祭りです。
ひなあられを食べて、気分転換しましょう。


占いも月イチで、なにか皆がする様なイベント的なものがあったらいいのになと、思いました。



akalisa
本日のラッキーなこと。

エビサラダ巻は、安定のおいしさです。