鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

心地良いと感じるものを周囲に置くと、快適に暮らせます。

感覚的に「これ好き」とか、「落ち着く」とか、そういう風に思えるものを、自分の部屋にたくさん置いておくと快適に暮らせます。


単純に好きなものを見ると、心が嬉しくなってホッとします。癒されますよね。


そして、見える場所というのがすごく大切。
好きで大切だからといって、見えない場所に置いておくと、改めて見る機会を作らないと、なかなか見なくなってしまいます。
それだと意味がない。


好きなものは、
毎日、必ず見える位置が良く、無意識にでも目を向けてしまう場所に置くのがベストです。

ちなみに。
私には好きな鏡と植物があるのですが、それを毎日、何度も見える位置に置いており、完全に溶け込ませています。


面倒でなければ、部屋の中で好きなものを集めた一角を作ってもいいです。


人は好きなものに囲まれて暮らすと、幸せになれます。ストレスが緩和されて、その場所にいるだけでホッとするようになるからです。


大好きなカフェのインテリアやお店の中にいるのも癒やされますが、それが自宅なら最高です。

ワザワザ、カフェに出向かなくていいし、着替えなくても一日中パジャマでゴロゴロしていても、いいから余計に楽になるんです。

想像するだけで素敵ですよね。



間違えやすいポイントとして。
好きなものというのは、他人から見てオシャレとか、雑誌の切り抜きの空間ではありません。

自分が感覚的に好きだと感じるものです。
ちょっと気持ち悪いけど、なんか流行っているっぽいし置いておこう、みたいな勘違いのものではないんです。
ここをひとつ間違ってしまうと、ストレスのかたまりみたいな部屋になってしまうので、注意です。


「うわー、これ好き。こんな空間、流行ってないかもしれないけど、すごく癒やされる。落ち着くー」と、素直に思えるもの。


いらないもの、感覚的に「これ違う」と思うものをどんどん処分するかわりに、こういった感覚的に「好きなもの」をおいていきましょう。


これは幸せな気分になると同時に、実際に運は良くなります。
いいアイディアなども浮かびやすいです。


もちろん、部屋は片付いていることが前提です。
グチャグチャだとストレスですから。



akalisa
本日のラッキーなこと。

早く眠れそう。