読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

同じタロットカードでも、色んな種類(柄)がある理由。

占い道具のひとつ「タロットカード」。


単純にカードは、
結果を伝えてくる媒体の役目をしているだけなので、どんな柄のカードでも構いません。


だから色んな人が色んなイメージでカードの絵柄を描いているのです。
それで色んな種類のカードが世の中に存在しているワケです。

そして占い師さんそれぞれが、
好みのものや好きだなと、感じるものを選んでいます。


と、いうことでした。




ちなみにこれは、タロットカードに限らずです。


たとえば。
占い師さんは、占う時に他にも色々と道具を使っていますよね。


本などの資料は別として。
水晶、他のカード、石、木、などなど。
占い師さんによって占いによって様々です。


先程も言いましたが、占い道具は、占い結果を導き出して伝えてくれる媒体の役目をしているだけです。

そして。
極論をいうと、占う精度に占い道具の値段は関係ありません。

だって。
ノートの切れ端や道端の石ころでさえ、占う道具になりますから。
歴史あるアンティークのものでもなくても、新しいものでも一緒です。


要は占う人の心持ちで決まります。


(タロットカードなんて自己流の手書きで良いくらいだと、個人的に思っています)


占い師さんも、ご依頼主さんも真剣に占いをみつめてくだされば、キチンと結果が出てくるようになっているのです。


逆に言うと。
とても高価な占い道具を使ったとしても、占う人が、遊びだったりいい加減にすれば、いい加減な結果が導き出されるのです。

そこに自分の気持ちがキチンと入っているかどうか。そこがポイント。


ではなぜ、見栄えがする綺麗な絵柄が売れるのかというと。
気持ちが入りやすいし、絵柄でインスピレーションを得たり癒されることが多いからです。



と、いう話でした。



これって人にも当てはまりますよね。
いくら豪華な格好をしていても、シンプルな格好をしていても、基本的に中身は一緒。



akalisa
本日のラッキーなこと。

魔女と薬草関連の本を読むことろです。楽しみでわくわくします。