鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

占い師は所詮、占い師であって、その人がすごいワケでもなんでもない。

占い師もひとりの人間です。


私だけに当てはまらず、大抵の占い師さんは、そこそこ人生経験がある方がほとんど。


ごく普通と呼ばれるような人生だったとしても、それなりに年齢を重ねていると、それなりに経験していることも多くなります。


だから。
言葉に重みがあって「すごいな」と勘違いしてしまいがちです。

もちろん、伝え方が上手いのもありますし、本当に人間出来ている人もいることはいるのですが、占い師がスゴイのではなく、占い結果がスゴイのです。←ここポイント。


占い師は、色々なご依頼主さんの話を聞く機会が多いので、他の人の人生の断片を見ることになります。
すると「こんな人生あるんだな」と擬似体験した気分になったりもします。



なので。

ご依頼主さんの話す内容が、以前に聞いたことがある内容であれば、「多分、今回もこんな感じの結果になりそうだな」と心の中で無意識に予想してしまいがち。

これは私に限らずです。


だけど。
オモシロイことに、占い結果は、占い師の想像とまったく違うものをはじき出すことも多くて、「え?! 本当に?」と、驚くことはたくさんあります。


占いは、
占い師の想像内でおさまるものではなく、もっと宇宙単位での広さで結果を導き出すので、突拍子もない答えが出てくるこどがあるのです。


占い師も所詮、タダの普通の人間。


未来を予知できるような特別な能力が備わっているワケでもなんでもありません。


占い師の言葉は、時にはご依頼主さんにとって重みのある言葉になることもあります。

ですが、深刻に捉えすぎるのではなく。
なにか悪いと思える結果であったとしても、それを回避する為に行動すれば、いいだけのことです。


そのような心持ちでいれば、どんな占い結果であったとしても、幸せになっていくのです。




akalisa
本当のラッキーなこと。

新しい組み立て家具を無事に完成。