鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「一番目に好きなもの」とか「二番目に好きなもの」などの順位は、どうでもいい。あまり意味ない。

よく、「一番好きなのは?」とか。
この中では、「どれが一番?」とか。


そういう順位つける聞き方って、ありませんか。
私はそれに対して「なぜ必要なのだろう?」と思ってしまいます。



食べ物なんか特にいい例で。
「これが一番!」というのが会話の中で出てきたりするのですが、私には一番っていうのは、あまりありません。


あれもこれも「好き」ってなっています。
エビも麦ごはんも、たらこも鮭も、卵かけご飯もステーキも。
全部が同じラインに並んでいます。



なぜ、「一番」を決めたがるのか、よくわからないのです。単なる時間潰しの会話なのかすら、よくわからない。


というか。
そもそも、色んなことを「一番」って明確に持ちながら生活しているのか疑問。



妹は「どれが一番なの?」とよく聞いてくるのですが、意図がわからないことが多い。

単なる意味なし会話なのかな。




そして。
こんなことに引っ掛かっている私は、オカシイのか?と、思いつつも。
同じこと思っている人がたくさんいるハズ。とか思ってブログを書いてみました。




ところで。

占いの中では、一番得意という分野は、各占い師さんそれぞれあると思います。



個人的には、使っているどのオラクルカードも今のところ、みんな同じラインに並んでいます。


その時のマイブームはあっても、相性は同じくらいな感じでいます。



一番当たる確率は。
その時の感覚なものとか、ご依頼主さんとの相性とか、色々なピッタリのタイミングがかさなると、「うわー!ドンピシャだ」となることがあります。


ただこれは、どの占いかわからない。
一番当たる占いって、その時々で変化するので、すごく曖昧なものかもしれません。
(←占い師が、こんなこと言うなんて駄目なのかもしれませんが)



とりあえず。
一番目にこだわらなくても、なんでもいいという話でした。



akalisa
本日のラッキーなこと。

天気が続くと気持ちいい。