鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

肩こり対策のの最終兵器。個人的に、効果のあったもの。

最終兵器は、ロキソニシップとビタミン栄養剤。(メーカー名はあえて伏せます)


個人的に、肩こりがヒドくなると、痛みに変わり動けなくなります。
突如として、起き上がれなくなり、トイレに一人で行くことも不可能になっていました。


この何度も起き上がれなくなることを経験してから、ビタミン栄養剤を飲み始めました。

サプリメントみたいなものですが、昔は病院でよく処方されていたのだそうです。

それが昨今では、市販で購入してくださいというスタイルに変わり、病院では処方してくれなくなりました。


サプリメントみたいな栄養剤の、錠剤って色んな種類がたくさんありますよね。
母親に「こーゆーの肩こりに効くかもよ。テレビのCMで、目肩腰に効くってやってるよ。飲んでみたら?」と黄色い錠剤の瓶を貰いました。


それが何年かの話。
すぐには、効果ありませんでしたが、1ヶ月後には、効果あると実感しました。

肩のストレッチをしなくても、ほとんど痛くなりません。
肩こりがとても減りました。すごく、楽になったのです。それでも、痛くなることはそこそこあります。
こるのではなく、痛みに変わるのです。これがツラい。
仕方なくロキソニンシップを貼っています。
そうすれば、かなり楽ちんになります。


ビタミン剤に頼るなんて、老化現象なんだろうなと、思いつつ。日常生活に支障をきたすので、今のところ欠かせません。

生活スタイルやお仕事内容が変化すると、必要なくなるかもしれないですけど。


そういえば。
以前は、目を酷使する仕事をしていたので、視力はどんどん下がりコンタクトレンズが辛くなっていたので、メガネをかけて仕事をしていました。

今では、当時より視力はぐんと上がったので、酷使するってヤバイんだなぁと感じた次第です。


なので。
この肩こりも、生活スタイルの変化でビタミン剤が不必要になるかもしれないです。


看護師の知人には、「サプリメントなんて、あんなもの薬だから、飲まないほうがいい」と豪語されていましたが、まぁ人それぞれってことです。


薬ということは、適切に飲めばオッケーということ。そんな風に解釈しています。


日本人で肩こりの人って、とても多いと思います。たぶん、ほぼ全員なんでしょう。


現代病のひとつかもしれないです。


残念ながら、占いは現代病には効きませんが。
どんな時代の中でも、人が生きていてちょっとした事柄に迷う時に、手助けになるものだと思っています。

うまく生きる為のヒントみたいなものです。
じょうずに活用して欲しいです。



akalisa
本日のラッキーなこと。

自宅にこもれました。