鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

トイレをだけ綺麗にすると、運気が良くなるというのは迷信だと思う。

トイレって綺麗にしていますか。


私は綺麗にしています。
毎日、素手で掃除していますし、壁も床もトイレクイックルでゴシゴシ吹いています。


だけど。
運気が良くなったと感じたことは、一度もありません。


たとえば。
一流と呼ばれる人たちの本を読むと「トイレ掃除しよう。運気が上がる」「お金周りがよくなる」「売上があがる」とみんな一律に同じことを書いています。



これって、なぜなのでしょう。



単純に「謙虚になれる」ということを言いたいのは、わかります。
そしてそれを体感するには、トイレ掃除が簡単でわかりやすいのだと言うことも。


だがしかし。
よーく考えてみると。
トイレ掃除している、清掃業の人たちは、とても運が良い仕事だと言われているでしょうか?


答えはノー。


ごく普通の仕事のひとつです。
たとしたら。
トイレ掃除をしたら運気があがるなんて、気の持ちようなのです。(あくまで私的な解釈)


ゴチャゴチャ色んな理由を並べて、良いように解釈して「運気が上がる」と言っているのだろうなと、思っています。



あと。
「トイレ掃除をする人は美しい」「美しくなる」とかいうことを小学生の頃に、国語の時間で習いました。

これも、「変な解釈だな」と、ずーーーと思っていました。

一般的に、人の嫌がること、汚いものを触らなければいけないことをするのって抵抗あります。

それでも、トイレ掃除は必要不可欠。

だからこそ、トイレ掃除する人に感謝の気持ちを込めて、そういう事を言っているだけに、過ぎないのだと。
そもそも、「美しい」の基準はそれぞれで、「美しい=美人」では決してない。
美人になるのなら、整形外科で成功したら、たちまち綺麗になれるので、そういうのではない。

「美しい人」=「心の美しい人」という、解釈を無理矢理つくっているだけなんだなと。

トイレ掃除を、嫌がるのを少しでも減らそうと、知恵を絞り考え出されたことが、国語の時間に習ったことなんだなと、思っています。


それにしても。
トイレだけ、なんであんなに「神聖化」するのか理解がむずかしいです。
一般的に人の嫌がる仕事なら、他にもたくさんあるだろうに、なぜだろう。


単に、ごく普通の部屋と同じで、ごく普通に綺麗にしておけば良いだけで、それ以上でもそれ以下でもないと思っています。


それとも。
一般的に世の中の人の家のトイレって、メチャクチャ汚いのかな。
それも謎。日本みたいに衛生的な環境だったら、メチャクチャ汚くなりづらいはず。


色々と言いましたが。
トイレを綺麗にしたら、運気があがるなんて本当に迷信だと思っています。
汚いのは、部屋が汚いのと同じで論外ですけれど。


補足。トイレだけ綺麗にしても意味が、ないという意味です。部屋中してこそ、運気があがるってものです。
ややこしい内容でした。


akalisa
本日のラッキーなこと。

好きなゴボウをたくさん食べました。