鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

小学2年女子のお父さんが、娘のヒザや腕をペロペロしていた話。

タイトルからして、ドン引きなのですが。

私の駄菓子屋友達で、小学校2年のミミちゃん(仮名)がいます。

そのミミちゃんの友達の話。


駄菓子屋に行くと、ミミちゃんが友達2人とおしゃべりしていました。


そのミミちゃんの友達が(Bちゃんとします)いたのですが、よくお話する子でした。
私とミミちゃんが友達だと知ると、ペラペラ色んなことを話しはじめました。

自分の父親に、Bちゃんが「腕が痛いよー」というと、腕をペロペロするんだとか。「ヒザが痛いよー」というと、今度はヒザをペロペロしてくると、楽しそうに私たちに話してくれました。



え?
なにそれ。
ドン引きですよ。


一瞬、性的虐待を疑いかけましたが、そんな感じてはなく、とても楽しそうに笑っていたので、違うと思いました。



私だけ引いてるのかなと、ミミちゃんを見ると、顔が引きつっていました。「信じられない」という顔をしていたので、同じくドン引きしているとすぐにわかりました。

他にいた友達(Cちゃんとします)は、「それって、他の子にもするの? ヤバくない?」とクールに言い放していました。

Bちゃんは、「私のだけしか、なめないよー」と、またゲラケラ笑っていましたが、明らかに周囲はドン引きの空気でした。


私は一応「お父さんは、Bちゃんのことメチャすきなんだね」と言いましたが、心の中では「気持ち悪すぎるだろ」と思っていました。



色んな人がいて、その家庭のルールがあったりします。
Bちゃんの父親からしたら、それはごく普通のことかもしれませんが。
Bちゃんが大人になった時に、ゾッとするかもしれない事は、やめておいた方がいいのになと、思った出来事でした。



家庭問題や親子関係、夫婦関係は、とてもデリケートな問題だから、すごく難しいです。


人それぞれだろうけれど、私はペロペロされて育ったら、一生引きずりそうな気がします。
そんな父親じゃなくて本気で良かった。



akalisa
本日のラッキーなこと。

すごく物事が片付きました。サクサクです。