鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

人は、一枚の鏡のようで、本当はミラーボール。誰でもその時々で一面しか出していない。

誰でも、人って、ミラーボールみたいなんです。


いわゆる、多面なところを持っている。


自分には、あらゆる色んな面があるということに、気づいている人もいれば、まったく気づいていない人がいる。


なんとなく、みんなそれを理解しているのだけれど、日常ではついつい忘れがちになってしまうんです。


だから。

この人ってば、ムカつくーーー!
いやだ、変態ーーー!
ナニソレは?!


って、なってしまう。


私なんて。それがしょっちゅうで、「この人、かなりオカシイ」「すっごい変だよね」「ヤバくない?」とか、グルグルしてしまいがちなのですが。


その時に、けれどこれって。
その人のほんの一面であることを思い出すと、「ああ、私も変なところ沢山あるよなぁ」ってなってしまうことがあります。


人はその時々で、みーんな自分を使い分けています。本当はミラーボールみたいに、色んな数え切れない面を持っているのに、それを出さないで様子伺いしてみたり。
ややこしいことになりそうだから、ワザと出さないでいることもあったり。


占い師をしていると、色々なご依頼主さんにお会いするのですが。
ものすごく大人しそうな雰囲気でも、実際は対人関係で、ある人だけには、とてもキツく接していたりすることもあります。


占いでそれが出てくると、最初は「この人が? こんなこと言いそうにないし、しそうにないのになぁ」と、頭をよぎるのですが。
話をしていると「あ、なんかわかります。そうなんです!」と、みずから仰ってくれる方も多くて、納得しつつも、不思議な感覚になります。



人って、本当に色んな面があって。
ご依頼主さんも、占い師に見せる一面というのが存在しているので、そういう意味でのギャップを感じるのかもしれません。


そうはいっても。
ミラーボールが、隣の鏡に影響されていることもあり、その人なりの本質的なものは、みーんな繋がっているので、「なんとなく、そんな感じもする」という部分もあったりなかったりしてオモシロイんですよね。←文章の意味がわかりずらくて、すみません。



占いをすることで、自分の見えなかった一面が見えることがたくさんあります。
思い描いていた自分とは、ずーと違和感があって、占いをしてみて納得して、気持ちが楽になったりすることもあるんてす。


私のある友人は、周囲からずーと「責任感あるよね」「とてもしっかりしている」と言われ続けて、それに対して、ずーと違和感があったらしいのですが。

占いをしてみて。
「ズボラ」「いい加減」「超マイペース」という結果が出てきて、「うわぁ、納得! なんかすごいスッキリしたー」と言ったことがあります。

他人から「責任感あるよね」「しっかりしている」と言われ続けてしまうと。
気持ちや行動は、そうではないのに、そうならなくちゃいけないのかな?と、いう気持ちになってしまい、モンモンとしていたんです。


たしかに。
職場では「しっかり」振る舞っていても、プライベートでは、超ズボラだったのです。
そういうこともあります。
だって、人は多面性な生き物なので、色んなところがあるし、プライベートと外では真逆なくらいに自然と使い分けている人がいるからです。


占いは、そんな自分のゴチャゴチャしたところを整理してくれます。
だからこそ、なんだか、モヤモヤするとか。よくわからないなぁと、なった時、整理するのに適しています。


もちろん、すべてが当たっているわけではありません。ただ参考になる部分が、とても多いということ。


ぜひぜひ、沢山の人が、占いを生活に活用して欲しいと願っています。


もっと占い関連が、良い意味で活性化してくれたらいいですね。



akalisa
本日のラッキーなこと。

とっても美味しいコーヒーが飲めました。