鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

仕事の種類は、みーんな向き不向きがある。それが普通のこと。

接客業が得意。営業が得意。事務が得意。工場などて黙々とするのが得意などなど。


ありとあらゆる仕事がありますが、みーんな得意分野は違います。


それぞれ違うのが当たり前です。
そうでないと、この世の中バランスが取れません。


だけど。
人は誰でもつい、自分のモノサシだけで測ってしまいがちてます。
その結果。「え? 接客のこんなことも出来ないの?!」とか。
「事務が苦痛とかアリエナイ」とか。
それはもう、いろーんな感情になってしまいます。


得意不得意があるのにも関わらず、それを理解していないから。
もしくはわかっていても、理解しようとしないから、トラブルがおこったりします。


だからまず。
仕事で相手にイラッときたら「自分も不得意あるよなー。そーゆーものだ」とひと呼吸すればいいです。


もちろん、仕事は同じ得意であっても。
人によってスピードや出来るレベルの差があるので「こいつトロトロしてるよなー」と思っても仕方ありません。
ただ、自分も不得意にあたった時、同じように「こいつ遅いなー」と思われてしまうのをわかった上で毒づいて下さい。


ちなみに、私はしょっちゅう毒づいているので。
不得意分野に当たった時は、かーなーりー他人から影で毒づかれているハズです。


だけど。
それを悲観するのではなく、人間とはそういうもので、みーんな何らかしらの得意不得意があるというのを頭の隅にでも入れて、仕事をすればいいということ。



他人のことなんて、わからなくてアタリマエですが。自分の想像力でだけでも「こうかもしれないな」と、イメージすることは、とても大切なことです。



それだけです。






akalisa
本日のラッキーなこと。


いちごオレを買いそびれたけれど、明日もチャンスはあるはず。