読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「大学は人生の夏休みだ」と、家庭教師に言われた話。

親戚の中学生の男の子が、最近塾をやめて家庭教師に切り替えました。


勉強したくない親戚の男の子は、家庭教師の先生に「なんで大学行かなきゃいけないの? 親が行けっていうけど、なんで?」と、聞きました。


そしたら。
このタイトル通りの答えが返ってきて、親戚の男の子は「大学行くことにする」と、考えを改めたのです。



先生すごすぎ。
的確な答え。



「人生の夏休み」なんて言葉、ぱっと思い浮かびません。
言われて初めて「ああ、そうかも。夏休みかも」も思います。


夏休みと言われたら、行きたくないと思っていても「じゃあ行ってみようかな」と思う人が多そうです。

そんな大学を卒業して、社会人になるわけですが。

個人的には社会人って、メチャクチャしんどかったです。
大人になるって、こんなにもこんなにも辛いんだと毎日思っていました。


今振り返ると、一番の原因は、合わない仕事をしていたことと、ものすごい寝不足で身体がフラフラだったんです。激務だった。



転職を繰り返してやっとわかったことは、「生まれつき喉が弱いので連続で話せない」「人よりもかなり体力がないこと」「接客業向き」この3点でした。



もしこれが、学生時代に少しでもわかっていたならば、仕事選びがまっったく違っていただろうと思います。多少は楽に生きれただろうなと、思うのです。



なので。
身体の特性でも性格でも、なんでも自分を分析して見つめることは、ものすごーーーく大切です。


混乱してしまう時や、まとまらない時は、占いでまとめてみるのもひとつの手です。
今まで見えなかった自分を理解することができるかもしれません。


私も、もっと早くに色々な方向での自己分析ができたら、違う人生になっていたかもしれないと思っています。


相性はあると思いますが、ぜひ人生に占いを取り入れてみることをオススメします。



akalisa
本日のラッキーなこと。

ゼスプリゴールドキウイ、やっぱり美味しい。