読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

半強制的に「ジェネリック医薬品」にすれば、いいのに。そしたらみんな幸せ。

こないだ。

病院に行きました。皮膚が乾燥しているのだと判明。そこで肌に塗るローションを処方して貰ったのですが。


たまたま、以前に使用したことのある薬品名を伝えるとそのまま処方してくれました。


そこまではいいのですが。


薬局で薬を貰うときに、「ジェネリック医薬品でおねがいします」とひとことを言い忘れてしまい、2.5倍の薬価がかかってしまいました。



ああ、なんてこと!
すべてがもったいない。
と、思いました。(ダイエットではないので、もったいない)


そもそも。
私は、ジェネリックでもなんでも良い人です。
それ相当の効き目がある薬ならば、なんでもいいです。


一応、薬局には「ジェネリック」を宣伝しているポスターやらぬいぐるみやらは飾ってありますが、特に聞かれることもなく、そのまま貰ってしまいました。



自分の負担額もそうだし、保険が負担してくれているから、それの負担もそうだし、保険料圧迫するし、みんな良い事がありません。


よほど、ジェネリック医薬品に含まれている添加物に違いがあってアレルギー起こす人とか、なにかどうしても先発薬でないとダメ理由な人意外、みーーんな、ジェネリック医薬品に自動的になるという仕組みにすればいいのに。


なぜそうならないのか。
国は破綻してもおかしくないのに、借金地獄なのになぜしない?


ああもう。
意味がわからないことが多すぎます。
と言いつつも。
たぶん、誰かの利権が減るからという巨大な理由があるのでしょう。それしかありません。(←思い込みかなぁ)


利権ばかりにしがみついている人、みんな死んじゃえば?とか。


いやはや。
次からは、忘れないように「ジェネリック医薬品でおねがいします」とひとこと言おうと、改めて思いました。




なにかひとつを選択することは、すべてのことに繋がっていると、いう話でした。



akalisa
本日のラッキーなこと。

時間がとれて知人のお見舞いにいけました。良かった。