読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

アンパンマンがカレーパンマンのマントを借りていった話。マントの貸し借りとかあるのか?

あるんです!


アンパンマンの紙芝居の話で、アンパンマンが全身濡れたので、マントを乾かすことになりました。

その間に、ばいきんまんをさっさとやっつけたかったので、パン工場に遊びに来ていたカレーパンマンにマントを借りるのです。


アンパンマンが黄色いマントをして飛んでいるのです。
そんな衝撃な話がありました。


紙芝居の中だけかな?と、思っていたら。

昔のアニメにも同じようなシーンがあって、黄色いマントで飛んでいるアンパンマンを発見。
やはりそのまま、ばいきんまんを、やっつけてしまいます。


だけど。よーく考えれば、別にマント借りなくてもばいきんまんをやっつけるのをカレーパンマンにすればいいだけなのでは?と、思ってしまいました。


いやはや。
そんなことを言ってしまったら、ストーリー展開に面白味がなくなってしまいますね。アンパンマンが主役だからこそ、カレーパンマンにマントを借りて、ばいきんまんを倒すのですね。


ああ、ややこしい。



ちなみに、アニメでは黄色いマントなのに、その回の「アンパンチ」のシーンで使われているセル画のみ茶色のマントです。
経費節約なのか単にチェックミスなのかは不明ですが、これって視聴者からクレーム出なかったのでしょうか。


さらにオモシロオカシイことに、紙芝居の中では、泥水に汚れたアンパンマンを専用洗濯機に入れて洗っているのです。


すっごいオカシナ話ですよね。
今なら「新しい顔」を焼くだけなのに、洗濯して汚れ落として暖炉で乾かすんですよ。


なんかもうメチャクチャです。
そのうち、しょくぱんまんと三人でマントを交換して気分転換でもしそうな勢い。


今では考えられない話です。


個人的には、
こういうメチャクチャさがとても好きです。


デパートできっちり並んでいる商品も好きですが、ドンキで掘り出し物を発掘するのも、すごく楽しいからです。


まだまだこの頃は、作品じたいに「プロトタイプ」的なものが多かったのかもしれません。


なんでもそうですが。
自分のスタイルが確立するまで、プロトタイプをどんどん出せばいいんです。


失敗して、繰り返して繰り返して繰り返してやっと、、、やっと完成に近くなる。
だけどまた、時代ともにそれらも改善を求められる。

アンパンマンも世の中のお仕事も、そーゆー部分は一緒なんだなと思いました。



akalisa
本日のラッキーなこと。

いとこちゃんから、ごまたまごを貰いました。