読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「お金持ちの教科書」と「大金持ちの教科書」。本の感想。

お金の話

この本は、面白かったです。
なにが?ってところですが、タイトルで目をひきますよね。

たぶんほとんどの人がお金持ちというのに興味があって、自分もお金持ちになってみたい。お金持ちの思考ってどんなのだろう?と思っているはず。




お金持ちの教科書

お金持ちの教科書


大金持ちの教科書

大金持ちの教科書



著者は、仕事で大金持ちと付き合いがあって、お金持ちとはどんな人なのかを、著者なりの視点で解説してくれています。そしてお金持ちになる「キッカケ」や「キーワード」がちりばめられていて、それがとても参考になります。

主に投資をしているお金持ちの人の話になるのですが、「投資で儲けてお金持ちになった人は、ポートフォリオとか関係なくて、ひとつの銘柄に集中してかけていてそれが大きく当たったというパターンです」みたいなことが書いています。

そしてバランスよく投資をするのは、一億くらいを投資できるようになってからです。何千万単位、100万円レベルだと一つのところに集中してかけるレベルの度胸がないと、お金持ちなんてなれません的なことを書いていて、個人的には、すごーーーく納得してしまいました。

100万円というお金は、庶民からすれば大金です。
そのお金を投資に使うならば、投資を分散してリスク管理をしたいという本音があります。だけど著者的には、「100万円のお金は、お金のない人からすると100万円がゼロになったら怖いと思うだろうけれど、お金持ちはもっと怖いです。だって、一億や数千万がゼロになる方が衝撃が大きいからです」だそうで。

ああ、なんか一理ある。なんとなーくわかるような気がしました。
100万円って現実に働いて稼げる金額ですが、一億となるとごく普通に働いて「はいどうぞ」と出せないですからね。


あと、すごくおもしろかったのは。
年収3000万円以上から、世界が変わるし生活が変わるとのことでした。
これもすごく納得します。
年収1000万円って、周囲にいますが、年収400万円世帯とさほど変わりません。遊びに行く場所も食べ物も。そんなに変わらないです。
だけど、年収一億クラスになると、本気で世界が違います。思考もまったく違います。
そのことが書かれてあったりして、とても興味深かったです。


お金持ちってどんな思考をしているのだろう。
どうやってなったのだろう。
なるためにはどうしたらいいのかな。


など、漠然とでも思ったことのある人ならば、答えとなるヒントはたくさん隠れています。
タイトルそのまんな、お金持ちに興味のある人向けの本です。


ちなみに日本では「お金持ちになりたい」とか「お金」のことを口に出すのは、あまり良くないとされています。個人的にそれってどうなの? とかは思っています。



akalisa
本日のラッキーなこと。

アマゾンプライムでもないのに、ミントティー頼んだら即到着しました。