読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

薬には「副作用」がつきもの。そんな簡単なことを忘れていた。

しばらく。
一年くらい飲んでいた栄養サプリメントみたいな、昔は病院で処方してくれたけど、今はしてくれないような薬をドラッグストアで購入して飲んでいました。

肩こりにすごーーーく効くんです。
あえて、商品名は出しませんが、私にはとても合っていると思っていました。
だって、肩こりが魔法みたいに消えるのですから。


だけど。だけど。
曲がりなりとも、薬には副作用があります。
そんなことすっかり忘れていました!


実は、それを飲むと胃に不快感がおこり、日によっては吐き気をもよおすんです。
寝る前に飲んでいたので、多少の吐き気がしても寝てしまって誤魔化されてしまっていました。

何より肩こりにメッチャクチャ効いていたので、それを手放すのが嫌だったから、多少のことは自然と見ないふりをしていたのかもしれません。
人間って、怖いですね。


それにハッキリ気づいたのが、こないだ急性胃腸炎で倒れた時のこと。
その薬が胃から吐き出しそうなくらいに、気持ち悪さ100倍で襲ってきたのです。
もともと、急性胃腸炎は、吐き気や吐くのが普通ですが、この薬が胃から、うわーーーと湧き上がってきた時には「ああもうダメだ。この薬はもう飲めない」と、なりました。



急性胃腸炎が治まった後日に、やはり試しにおそるおそる飲んでみましたが、吐き気がして撃沈。



今まで気づきませんでした。
そんな重要な副作用に自分があっていたなんて。
ちょっとショック。
副作用にショックというより、肩こりに効く薬をまた探し求める旅に出ないといけないからです。


なかなかハードル高いです。
もしかしたら、吐き気は最初はしなかったのかもしれません。途中から体調も悪くなってしだいに副作用が強く現れたような気もします。



吐き気をもよおすような薬は、いくら肩こりがスッキリしても飲めないなと、思った出来事でした。



この話をふまえて。
誰でも今の状況や、今あるものを失いたくない為に、マイナスの面におもいっきり目をつむることってあります。手放して、そのマイナスを取り除けばものすごい素敵な未来や方向性があるかもしれないのに。
ぼんやりとした不満を持っていても、現状維持を望んでしまうのが人間です。


だけど、冷静に考えてみて。
やっぱり惰性だったり、結局自分がなんだか損していると感じている時は、原因になっているものをスッパリ切ってしまっていいんです。


その時は辛いこともあるかもしれませんが。
その方が人生楽しいに決まっています。
切らないと新しいことは出てこないのです。


人間関係も一緒。
ダラダラと付き合いたくないもない相手と続けるより、スッパリ切ってからこそ世界は広がる。
ほんの少しの勇気で世界が違ってきます。



私も魔法のような肩こり解消の薬をやめました。
正直ブルーです。
だけど次の薬を探してみせます。←大げさ?


akalisa
本日のラッキーなこと。

友人と久々にLINEで近状を報告しあえました。楽しかった。