読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

ボリビアの首都ラパスに「魔女市場」が存在していた。

魔法、魔術、魔女関連

この話を知ったのは、「世界の市場」という本の中。たまたま開けたページに「魔女市場」が載っていました。


世界の市場

世界の市場


そもそも。
ボリビアとか知らないし、どこの場所?って感じなのですが。標高3680 メートルにある首都のラパスにあるそうです。
なんだか酸素が薄そう。いやいやいや、そんなことより、そこには、「魔女市場」といって、魔女が使う道具や薬草など販売している道端の店たちが並んでいます。

民族衣装の、日に焼けているロングスカートのおばちゃんたちが、色々な、怪しいげなものを並べています。
セージの葉は、どっさり山盛り。魔女用のハーブ専門店もあったり。置物など。そしてなりより、とんでもなく驚くのが、、、、ミイラ!!

動物のミイラらしい。
小動物の全体のミイラや頭だけとか。
グロテスクというか、もうなんか写真だけで「ひぇぇーー」となりました。
同時にこんなところ面白そうだなとも。

ただ魔女が有名なドイツも、こーゆーのしているのか気になるところです。

この本は、世界のあらゆる地域の市場を旅している夫婦が作成した本なので、魔女市場は、1ページしか載っていません。それがすごーく残念。

もっと詳しく知りたいし、どうやって使うのか試してみたいです。アイマラ族の儀式に使うのだとか。
世界中に、魔女関連が楽しくオープンに語られている場所があればいいのになぁと思いました。


akalisa魔女は、ミイラや魔術を扱うよりも、薬草ハーブや占いを扱う魔女です。


ちなみに過去に読んだのですが、「魔女の薬草箱」この二冊は、薬草のことが書いてあってとても興味深かったです。


魔女の薬草箱

魔女の薬草箱

不思議な薬草箱 魔女・グリム・伝説・聖書

不思議な薬草箱 魔女・グリム・伝説・聖書



近いうちに、占いをしながら、その人の症状にあった薬草ハーブを提案出来たらいいなと、思っています。


akalisa
本日のラッキーなこと。

シュークリームとてもおいしかった。