読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

はっきりと上手に「ノーサンキュー」と言える人になると、すごく楽になります。

ナンダカンダで、はっきりと自己主張できないでいると、どんどんしんどくなります。

ワガママな人に思われないだろうか?とか、ここは我慢するとこなのかなぁ?とか、なんだかモヤモヤしてしまう時。
そういう気持ちになるならば、いっそのこと断ればいい。だけど、断るのもなんだか気が引ける。

そんな時は、笑顔で「ノーサンキュー」と言える人になればいいです。それだけで生きやすくなるし楽ちんになります。

理由を言いたくなければ、言わなくてもいい。
ただ「私はいりません。したくありません」「ありがとう」を、くっつければいいだけ。


この言葉って誰が考えたのか知りませんが、素晴らしい言葉だと思っています。


相手に感謝の気持ちを表す「サンキュー」と自分をきっちりはっきりと主張する「ノー」をくっつける。
それだけで、相手に伝わる言葉です。

本当にムカついたり「はぁ? 何言ってんの?」的な時は「ノー」だけでいい。
あえて「サンキュー」をつけるということは、相手の立場になって相手を思いやっている気持ちが入っているからです。


まぁ、日本人相手に話すことになると思うので実際は「ノーサンキュー」ではなくて。
「お気づかいありがとうございます。ですが私は、興味がないのでいりません。」と、はっきり言ってしまいましょう。

それだけで自分の気持ちが楽になるし、相手に対してもグダグダ意味の分からないまわりくどい事を言うより、はっきり伝わるのでいいです。
今後もその方がスムーズにいきます。


というわけで。
気が進まない時は、はっきりと「ノーサンキュー」と伝えましょう。
それだけで、人間関係がひとつ楽ちんになります。


akalisa
本日のラッキーなこと。

綺麗な写真が取れました。