鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

本当に大切な人であれば、本音で話すことも本音を隠すことも必要。

このタイトルって、矛盾してますよね。
そーなんです。
矛盾です。矛盾するものです。


心から大切な人に対して、自分を知ってもらうという意味で、相手がそれによって心地良いと感じるのならば、本音で話すことが良いです。

だけど。
明らかに相手を傷つけることや、自分だけの欲求のみで、相手の気持ちをまったく無視しての本音トークは、出来ることならばやめて置いた方が良い。


そうはいっても。
人間だから、自分本位になってしまうのはよくあることです。
大切な相手でも傷つけてしまうのを前提で本音で話すこともあるし、話さなければ前へ進めないということもあります。


相手の為になるならば、本音を出すのが良い。
とはいっても、相手も他人なのでどんな気持ちになるかなんてわからない。良かれ思ってしたことも、相手からすると全然良くないことかもしれません。


なんてことをゴチャゴチャ考えていたら、混乱してしまいますよね。


そーゆー時は、自分のモノサシで「自分が本音を話されたなら、どう感じるだろう?」「どう思うだろう?」と想像することが大切です。


それで判断するのです。


どんなに大切な人でも、自分の全部を話す必要はありません。言いたくないことは誰しも持っている筈なので、そーゆーことはお墓まで持っていっていいんです。



たまーに、「大切な人だから私の全部を知っていて欲しい」とか言う人がいますが、それは違います。


大切な人だからこそ。
相手の立場や気持ちになったつもりで、一生秘密にしてしまうのか、本音を話すのかを決めて正解です。


自分が単にスッキリしたいから、言いたいだけというのは、出来ることならばやめておいた方が良い。


それだけでした。




ちなみに私もお墓まで持っていく予定の秘密はあります。