鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「プラシーボ効果」の凄さ。影響力は計り知れない。

「プラシーボ効果」って、昔からありますよね。


以前に、大きなストレスがかかったことで、ひと晩で「じんましん」が、どばーーと顔面に出てとても困ったことがありました。


その時に、二十歳くらいの時から通っている名医である皮膚科のおばあちゃん先生に見てもらいにいきました。


だけど。
医院に行く時には、じんましんがすべてなくなっているのです。
仕方ないので、症状のないまま口頭だけの説明をして薬を貰いました。

 
「ストレス性じんましんの場合は、どれが自分にとって効くのかわからないから、一種類ずつ試すしかないですと」言われていました。



そしてひとまず何か一種類もらいました。
不思議なことに、その先生から貰った薬はとても良く効きました。たまたま最初に貰ったのが合ってたのかな?と、思って他の医院で同じ薬を飲んでも効かないんです。


そんなことがあったので、また名医のところで事情を話して薬を変えて貰いました。

そしたら変えた薬で、ピタリとじんましんが止まったのです。

そうこうしているうちに、どうやらその名医の先生がくれた薬をに反応して私のじんましんが止まるんだろうとわかってきました。



これってすごいですよね。


私は、その皮膚科の名医をとても信頼していて、メチャすごい人だと思っているんです。

すごく人気があっていつも並んでます。だけど、昔の医院だから、院内薬局な上に料金がとっても安い。とても安価です。


個性的な先生なのですが、的確にスピードよく見ただけで、なぜそうなったのか?と、ほとんどの皮膚症状を言い当ててくれます。


そんな先生なので、私にとっては「プラシーボ効果」がすごいみたいです。

ストレス性じんましんなので、私にとっては、先生からもらう薬はどれもプラシーボ効果だと思っています。


思い込みってすごい。
そしてプラシーボ効果は、はかりしれない。
人間って不思議な生き物です。