読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

同じ話をしていても、理解できる時期と理解できない時期がある。自分に変化があると付き合う人達も変化する。

不思議と、同じ人間であっても。
その時々で同じ話を、理解できる時期と出来ない時期があります。

ものすごーく感覚的な話になるので説明しにくいのですが。


たとえば。
占いの中で、ご依頼主さまに説明をしていたら。

そのまま、すーーーと理解して話をスムーズに飲み込んでくださる時があります。自然に砂に雨水が吸い込まれるみたいに、お互いの感覚的なものが一致していて、話が分かり合えやすくなっている時があるのです。


こーゆー時って、お互いの感覚的なものが一致している時期でもあります。

これが、お互いにズレていると説明しても「話がわからない」「わかりづらい」「別の角度で何度か説明しなくてはならない」という状況になります。

それは良いとか悪いとかではなく、お互いが微妙にもしくはおもいっきりズレている、そーゆー時期なのです。


誰でも人はその時々で、経験値や考え方が変化していきます。その違いが「理解できる」「理解できない」という現象を生み出してくるわけです。


もちろん。
根本的な考え方が違うとか、そーゆーとらえ方もあるので、全部が変化によってとは一概に言えません。


たまたま。
ものすごーくお互いに話がスムーズに動く状態だと、お互いにストレスを感じずに済みます。

だから。
誰でもスムーズに動く人、無意識にそーゆー人達と接することが多く出来るようにもなっています。


考え方や生き方が違ってくると付き合う人達もおのずと変化するのは、そーゆーことです。


個人的には、気持ちが、のんびりゆっくりしている人達と一緒にいたいとか思っています。


そして私も「ゆったり」生きるのを意識する為にブログを書いているのでした。



おしまい。