読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

人生は「一度きり」だから、今を必死で生きなければ間に合わないこともあると感じた時。

今が、ずーと続くと思っていませんか。
そんなことありません。

人生は本当に気づいたら、あっという間かもしれません。そうでなくとも、必死にならないともったいないかもしれません。



たとえば。

私の知人で98歳のおじいさんがいます。
正確には母の友人です。


私がその人に初めて会ったのは、6年くらい前でした。
おじいさんは、90歳まで社交ダンスを趣味にしていたので、メチャクチャ元気な方でした。


母や友人、おじいさんも含めて、何度かランチを一緒にしたりして、その様子を伺っていました。


そしたら。
しだいに、ここ2、3年くらいからかなり体力が無くなり、趣味でしていた畑仕事もやめて土地を売りました。具合の悪い日も多くなり、ランチも行けなくなったりする日もありました。


そして、つい先日。
「おじいさん、どうしてるの?」と、母に尋ねると、片目が悪くなって手術も出来なくて、とうとう見えなくなったそうです。そして見えている方の目も、悪くなっていて視界が狭いのだそうです。


だから。
ほとんど出歩かなくなりました。
ランチも行かなくなりました。


私はその話を聞いて「老い」という現象をものすごいスピードで見た気がしました。

誰でも年取って死にます。
年取らなくても、いつかは死にます。


たった3年前までは、デパートでランチを楽しんでステーキをばくばく食べていたのに。

だからこそ。
まだまだ人生長いとか思っていたら、間に合わなくなるかもしれないと思うようになりました。

個人的に、人生は長すぎてしんどい。とか思っていて、そういう相反する感情もあるのですが、大切なことはさっさと終わらせたり、済ませたりするべきだなと。
後回しにせずに、今できることをしていくのがいい。


だってもう明日はないかもしれません。


なので。
ちょっと連絡の途絶えてしまっていてる友人たちに、また連絡をしてみようと思いました。


人生でやり残した事がないという気持ちで毎日を生きたら、このあとの人生は随分変わると思います。