鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

「もろびとこぞりて」って、賛美歌だったのか。メロディーが素敵な理由。

「もろびとこぞりて(邦題)」って知ってますか。
クリスマスに歌われる賛美歌のひとつです。

タイトルを聞いたことがない人でも、曲を聴けばすぐに「知ってる!」となると思います。


そんな「もろびとこぞりて」は、個人的にメロディーが素敵だと思っています。


っていうか。
賛美歌って、全体的に素敵ですよね。
聴いていると、心が高揚してくるというか、綺麗になる気がするというか、スーとします。


そもそも、賛美歌って。
宗教に入ってもらう為のキッカケにする為でもあるので、一般的にほとんどの人が「素敵」と感じるように作られているはずです。


それに神様を讃える歌でもありますから。


そういうことを考えて作られているメロディー。
おそらく計算つくされている。
だからメロディーが素敵なんです。
皆が心地良いと感じるように出来ている。



これってすごいことです。
心地良いという感覚ってとても大切。
それを付けてのアプローチです。



占いも、こーゆー賛美歌みたいな感じで、「占い」というものを知ってもらうキッカケがあればいいのになぁと、思いました。



別に歌でなくとも、なにか占いと全然別なアプローチ。魔女関連は相性が良いので、やっぱりそっちかな?と、ぼんやり思ったりしています。


そして。
賛美歌は、もしかしてもしかして。
いや、もしかしなくても。
現代風にたとえると、超効果的なプレゼンテーションなのでしょう。



そんなプレゼンテーション、私も欲しいです。