読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

格差社会は、資本主義である限りアタリマエのこと。問題は格差じゃない。

個人的に、すっっごい思うんですけど。


格差社会の何が問題って。
それは、セーフティネットがきちんと確立されていないから問題が起こることなんだと。


それで。
資本主義である限り、格差って必ずあるものだし、それはないと資本主義ではないです。


ものすごく稼げる人とぜんぜん稼げない人の違いって、今の世の中、ハッキリいって「知的能力の差」だと思っています。

とても単純な話ですが。
仕事を指示して、ものすごく出来る人と、何度も指示してもまったく出来ない人がいたとして、自分が雇い主ならどっちの給料を上げますか?という話。
なんなら、仕事出来ない人をクビにします。

ほとんどの人がそう判断すると思います。そうなると給料に差が出来る。それって資本主義ならアタリマエのこと。

ならば、生まれ持って貧乏で生まれた人とお金持ちでの差のある人は?となると、そこはセーフティネットがしっかりしていれば問題ない。

誰にでもチャンスはあって、能力の高い人が這い上がれるシステムがあれば、生活苦になる人もかなり減るはず。

セーフティネットがメチャクチャなせいで、一度落ちてしまうと、もしくは最初から貧困層になっていると、そこから這い上がるのはまず難しくて、上に上がる確率はとても低くなってしまう。
そこが問題。大問題。


なんか、格差社会っていうと。
その言葉自体が悪者になっている気がします。それは違うんじゃないかなって。

セーフティネットのメチャクチャと、資本主義がごっちゃになってるから、問題ゴチャゴチャが起こってるのではないかと。


それまで私はずっとモヤモヤしていました。
なにがこの社会でオカシクてだめなんだろうって。



何年も前に、この湯浅さんの本と、誰かのはてなブログで「格差社会って能力の差でしょ」みたいに書いていたのがあって(←そのブログが探し出せなくて悲し過ぎ)、この2つで「そっかー!」って自分なりに腑に落ちました。



どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)

どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)



著者の湯浅さんって方は、高学歴で(たしか東大出身だったような記憶)そこそこお金のある家庭に生まれるのですが、自分の兄弟が車椅子の生活だったので、色んなことを考えるようになった人です。

それで日本のセーフティネットがメチャクチャだと気づいてそれについて書いてくれています。これ公立の教科書に載せて欲しいくらい。



たとえば、堀江貴文さんとかメチャクチャ出来る人です。こーゆー能力のとても高い人が稼げてアタリマエだし、資本主義である限りそうなります。

こーゆーメチャクチャ稼げている人がいるから、資本主義の世の中、お金が回ってやっていけているんだと思います。


それを書きたかったのでした。(あってるとか正しいかどうかは別として)



近い未来。
ほとんどの人が働かなくてもいい世の中になります。ものすごーーーく出来る人、働ける稼げる人しか出来ない仕事だけしか世の中には残りません。
あとは、ロボットなどに置き換わります。そして、ほとんどの人は、生活出来るお金を支給されて生きます。 

もしフツーの人が仕事をするならば、趣味というか芸術的なものや、その人しか無理な職業しか残りません。それすら、ロボットの判断でいいやみたいな、そーゆー人も多く現れます。
なので、ほとんどの人が仕事をしなくて良い世の中になると言われています。


体力が人より少なくて、ぐうたらな私は早くそんな世の中になって欲しいです。