読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鑑定師&魔女 akalisa(あかりさ)の日記。ゆったり生きよう。

占い関連。感じたこと、思ったこと。アンパンマンのネタ。お金の話。メイド喫茶の記録。魔女関連。

メイド喫茶って、体重増加に厳しいのは、ご主人さまもしっかりチェックしているからと気づいた出来事。

メイド喫茶って、メイドさんに関しては、そこそこ見た目重視なお店です。


だって、みんなメイドさんを見に来るのですから。
アタリマエですよね。


ディズニーランドでミッキーマウス見に行くのと同じです。


私の勤めていたお店は、特別に可愛くなくても、普通の顔でオッケーでした。
メイド服を着れば、若い女の子は、みんなそこそこ可愛くみえるし、髪飾りや仕草や笑顔や丁寧な接客でカバー出来るからです。

私は完全に接客カバー派でした。
メイド喫茶のメイドさんの中では、オバサンだったし特に可愛くないので、なぜ入館できたのかいまだに謎です。


勤めていた店では、会社員としてマトモに勤められるレベルのスキルが求められるのと(メイドは馬鹿でも勤められると思って面接に来る方がいるので)。店で渡される何ページにも及ぶ規則に従えるのかとか。

それから。
オーナーさんの好みで、学生さんなら、ほとんどが高学歴な子ばかりでした。国立の大学生やその大学院生ばかり雇っていました。
私みたいな社会人は、マトモであれば学歴は関係なかったのでセーフでした。フリーターの中には、中卒だけど、ものすごーい仕事が出来る子もいました(メイド能力がすこぶる高い)。

とにかく、接客業という部分の仕事が一番で、そこがしっかりしてないと、いくら可愛くてもダメです!!みたいなところでした。


そんなお店だったのですが。(前置き長すぎて、すみません)
ひそかに体重増加には、厳しかったです。


体重増加すると、呼び出しがありまして「ちょっと痩せたほうがいいんじゃないかな」と注意を受けます。

私は体重の変動がなかったので、呼び出しには免れましたが、何人かはメイド長やオーナーさんから呼び出しを受けていました。


規則には「体重増えないでください」と、記載されていないのですが、「体型キープは、アタリマエだよね?」みたいな位置づけだったのかもしれません。


過去にフツーの仕事をしていた時に、バニーガールのガールズバーでバイトしているスタイル抜群の同僚がいたのですが。
そこでは、「太ったらクビ」と記載されている書類にサインするのだそうです。
そりゃそーですよね。
メイド喫茶も、それに近いのかもしれません。



だって、みんなメイドさん見に来ているんです。


自分で体重の変化なくても、ご主人さまたちは、メイド服から私たちの体型を想像してキッチリ見ています。


ええ、見てるんです。


これ、なんで言い切れるのかというと、直接そのような話をされたことが多々あったからです。

ご主人さまが「ねーねー、akalisaちゃん最近、ウエストが細くなったよね?」と言うので。
「え、そうですか? 体重たぶん変わらないです。あ、けど最近寝る前にストレッチしているからかも」と告げると、嬉しそうに「それだよ、その効果ありだね!」という感じでした。

「○○ちゃん(他のメイドさんの名前)、すごいやせたよね。絶対ダイエットしてるって」とか。
「△△ちゃん(メイドさんの名前)もなんか、スーとなったよね。恋しているのかなぁ」とか。

コスプレで、脚とかおもいっきり出しているメイドさんの脚をみつつ「いいよね。キレイだよね」とか。


フツーの会社では「セクハラ!アウト」と言われそうなことかもしれません。

けど、男性って基本的に若い女性の身体のラインをみるのすごい好きですよね。
女性の私でも好きなくらいないので、男性だともっと好きなハズ。

正直な感想を言いながら、メイドさんたちを眺めるのは、ある意味ストレス解消というか、癒されにいっているんです。

だから、やっぱり。
メイドさんは、基本的に太ったらダメなんです。普通体型から痩せ型でないと。

メイドさんは、そのまますべてが商売道具です。
それを感じた話でした。


占い師もなんでも、接客業は見た目を大切にしないといけないけれど、また意味合いが違いますから。


仕事はそれぞれ、どんな仕事も「基本的にここを押さえなきゃダメ」というのが、存在します。

それは業界によって様々ですが、メイドさんは「体型キープ」が上位に上がっているという話でした。